社会受容性

自動運転、「RoAD to the L4」とは?

官民が一体となり 自動運転技術の社会実装を推進する新たなプロジェクトが2021年度にスタートした。「RoAD to the L4(自動運転レベル4等先進モビリティサービス研究開発・社会実装プロジェクト)」だ。 2022年度以降...

【資料解説】自動走行ビジネス検討会「報告書案version 6.0」を読み解...

自動走行ビジネス検討会は2022年3月25日、2021年度の取り組みや今後の方針をまとめた「報告書案version 6.0」の抜粋版を公表した。 自動運転技術の実用化・ビジネス化を推進する同会は今後どのような取り組みを行ってい...

JALが「クルマ」事業に参入!ただし、舞台は陸ではなく「空」

日本航空株式会社(本社:東京都品川区/代表取締役社長:赤坂祐二)=JAL=は2021年10月27日までに、大阪府のプロジェクト「空飛ぶクルマの実現に向けた実証実験」に採択され、ヘリコプターを活用した環境調査を大阪で実施することを発表...

自動運転車のトラブル、対応車両を「救急車」並みの扱いに 愛知県、国に提案

愛知県と常滑市は2021年10月20日までに、「あいち・とこなめスーパーシティ構想の実現に向けた提案書」の内容を追記し、国に再提案した。「自動運転車両の緊急事態の発生時にかけつける警備会社等の車両を緊急自動車に指定」という提案を加え...

自動運転の「ゆっくりカート」が、住民の理解を「しっかり」醸成

大阪府四條畷市で開催される「第3回スマートシティ推進フォーラム」において、自動運転サービスに対する地域住民の理解醸成を目的に、低速自動運転車「ゆっくりカート」を使ったデモンストレーションが2021年10月16日に行われる。 四...

大阪の吉村知事「1日も早く」!空飛ぶクルマ実現へ、SkyDriveとタッグ

「空飛ぶクルマ」を開発する株式会社SkyDrive(本社:東京都新宿区/代表取締役CEO:福澤知浩)は2021年9月17日までに、大阪での空飛ぶクルマの実現に向け、大阪府と大阪市と連携協定を締結したこと発表した。 ■吉村知...

日本の自動運転大手BOLDLYが、警察庁の委員会で要望したこと

警察庁所管の「自動運転の実現に向けた調査検討委員会」は2021年7月、自動運転開発事業者やサービス事業者らを対象にヒアリングを行い、委員会で配布された資料の一部をこのほど公開した。 委員会では自動運転実用化に向けた課題や要望を...

手動介入147回、路上駐車がネックに 栃木県茂木町の自動運転実証

栃木県無人自動運転移動サービス推進協議会は2021年8月4日までに、栃木県茂木町で6月に行われた自動運転バスの実証実験の結果を公表した。 同県の「自動運転バスチャレンジプロジェクト」の一環として、運転手や誘導員を配置した「自動...

自動運転指数、なぜ車産業がないシンガポールが1位なのか

世界中で実用化に向けた開発が進む自動運転。社会実装には、技術開発と実用化に向けた法整備やインフラ整備、消費者の理解などが欠かせない。コンサルティング世界大手のKPMGは、こうした各要素を国別に指数化した「自動運転車対応指数」を201...

なぜ住民たちは、Waymoの自動運転車に卵を投げつけるのか

米Googleの自動運転部門を担うWaymo(ウェイモ)。2018年12月に自動運転タクシーの商用サービスをローンチし、この分野では群を抜く実績を誇っている。 そんなWaymoはアリゾナ州フェニックス郊外のチャンドラーなどで自...