審査

大幅短縮!自動運転の審査期間、平均11カ月を「2カ月」に ついに国も本腰?

自動運転の社会実装に必要な審査手続が大きく改善されるようだ。自動運転レベル4の審査は、これまで平均で約11カ月かかっていたが、審査の円滑化を図り今後は2カ月での完了を目指すという。 これまで「11カ月」を要していたことに驚きを...

SOMPOで乗ーるの「審査」は厳しい?条件・申込の流れは?車のサブスク・リー...

月々定額でクルマを利用できるとして人気上昇中のクルマのサブスクリプションサービ(カーリース)。中でも「SOMPOで乗ーる」は、豊富な車種ラインアップや丁寧なサポートなどを武器にカーリースのイメージ調査で3冠を受賞するなど、高...

ピタクルの評判・口コミ・審査について解説!クルマのリース・サブスク

車検や税金などがコミコミの「ピタクル」。素早い審査と最短3週間の納車が特長で、気軽にクルマを利用したい人に人気のカーリース(クルマのサブスク)だ。三菱グループの三菱オートリースにより運営されている。 この記事で...

ポチモの評判・料金・審査の厳しさは?新車・中古車のサブスク・リース

数あるクルマのサブスクリプションサービス(サブスク)で人気上位なのが、出光のカーリース「ポチモ」だ。 自動車メーカーやレンタカー会社、中古車販売店、保険会社など、さまざまな業界の企業により展開されているクルマのサブスク...

海外製の「ハンドルなし」自動運転EV、日本のナンバープレート初取得

ハンドルなしの自動運転シャトル「MiCa(ミカ)」が、海外製として初めて日本のナンバープレートを取得したことが明らかになった。 ナンバープレートを取得したのは、ソフトバンク子会社のBOLDLYがエストニア企業Auve Tech...

自動運転、公道実証実験の道路使用許可基準(2023年最新版)

警察庁は2023年4月、「自動運転の公道実証実験に係る道路使用許可基準」の改訂版を発表した。 改正道路交通法の施行に伴い、遠隔型自動運転システムや特別装置自動車の公道実証が増加することが見込まれる中、手続き面を明示することで取...

自動配送・宅配ロボットの届出・審査の流れ(2023年最新版)

道路交通法の改正により、2023年4月から自動走行ロボットの活用が始まる。ロボットの公道走行が解禁され、届出制のもと事業者らはロボットによる配送サービスなどを提供することが可能になる。 開発事業者やサービス提供事業者など、さま...

「空飛ぶクルマ」の型式証明、申請・審査の流れは?SkyDriveが申請第1号...

「空飛ぶクルマ」の型式証明とはどのような申請手続きで進められるのだろうか。国土交通省は2021年11月5日までに、申請手続きなどの手順を公表した。 申請手続きの手順については、型式証明の申請を株式会社SkyDrive(本社:東...

885→24に残った!東大発テトラの空飛ぶ車、国際大会Final進出 日の丸...

「空飛ぶクルマ」を開発中の東京大学発スタートアップのテトラ・アビエーション株式会社(本社:東京都文京区/代表取締役:中井佑)は2020年2月16日までに、自社開発のeVTOL(電動垂直離着陸機)が空飛ぶクルマの国際コンテスト「GoF...

C2Cカーシェア、うちは「オリジナリティ溢れる人気車種」で勝負

個人間(C2C)カーシェア事業に取り組む株式会社カーシェアGOGO(本社:東京都港区/代表取締役:鈴木英之)が、2020年夏のサービス開始予定の「カーシェアGOGO!」でオーナー募集を開始したことが、2019年12月13日までにわか...