実用化

空飛ぶクルマの実用化時期は?(2022年最新版)

陸の自動運転車同様、空の移動にイノベーションを起こす「空飛ぶクルマ」の実用化に向けた取り組みが着々と進められている。 海外の一部ではすでに大型契約のもと量産段階を迎えつつあるが、国内はどのような状況となっているのか。2022年...

自動運転、実は「農機」と「建機」では当たり前に実用化

実証段階からサービス段階への移行を強めている自動運転技術。移動や輸送サービスなどを無人化する技術として、本格市場化が目前に迫っている印象だ。 一方、すでに市場化が始まっている分野もある。自動運転技術を搭載した建設機械や農業機械...

自動運転、レベル4とレベル5の違いは?(2022年最新版)

ドライバーレス走行を実現する自動運転レベル4の実用化が海外で加速している。国内でも車内無人化を実現する技術開発と環境整備が進められており、各地の実証も新たなフェーズを迎えつつある。 現状、「自動運転=レベル4」のイメージが強い...

自動運転の課題(2022年最新版)

今や人間の社会生活になくてはならない存在となった自動車。急速に発展を遂げる自動運転技術により、この自動車を取り巻く環境が大きく変わろうとしている。多くのメリットがあるからこそ業界をあげての開発競争が進んでいるわけだが、まだ見ぬ不確定...

1兆円規模を超えたドローン配送市場、海外で実用化加速

陸地で実用化が進む自動運転車と同様、空ではエアモビリティ実用化に向けた取り組みが大きく加速している。特に物流を担うドローン配送は実用化域に達しており、米国を中心にサービスエリアがどんどん拡大しているようだ。 この記事では、ドローン配送...

レンタカーが無人でやってくる!遠隔運転や自動運転で

「レンタカーを取りにいく」・・・。こうした行為は近い将来、時代遅れとなるかもしれない。レンタカーを遠隔運転して無人で客の自宅まで届けるアイデアが、海外で実用化されようとしているからだ。 ■ラスベガスではHalo.carが試...

小売配送、自動運転技術の実用化が続々!日米中で(特集:自動運転が巻き起こす小...

モビリティの活用において、人の移動と同様重要視されるのがモノの輸送だ。タクシーやバスなど人の移動を担う自動運転モビリティの開発が盛んだが、負けず劣らず自動運転トラックや自動配送ロボットの開発なども世界各国で推し進められている。 この記...

東は「自動運転」、西は「空飛ぶクルマ」 東京・大阪の方針比較

自動運転や空飛ぶクルマをはじめとした新たなモビリティ実現に向けた取り組みが国内各地で盛んに行われている。道路交通が飽和状態の大都市部では、インフラ整備も念頭に据えた自動運転や空飛ぶクルマ実装に向けた取り組みが進められているが、日本の...

自動運転車向けセンサー一覧(2022年最新版) LiDAR、ミリ波レーダー、...

自動運転や先進運転支援システム(ADAS)などでは、高精度カメラのほか、光の先進技術を活用したレーザーレーダーである「LiDAR」(ライダー)などのセンサーを活用し、システム側が車両周辺の環境を認識する。 AI(人工知能)が自動運転車...

【資料解説】空の移動革命に向けたロードマップ(改訂案)

空の移動革命に向けた官民協議会はこのほど、2021年度における検討結果を取りまとめるとともに「空の移動革命に向けたロードマップ」を改訂した。改訂版では、2025年大阪・関西万博を起点に空飛ぶクルマの実運用や商用運航を大きく展開していく方針が...