位置情報

自治体や企業のMaaS実現を支援!ナイトレイとONE COMPATHが提携

位置情報ビッグデータ解析サービスを手掛ける株式会社ナイトレイ(本社:東京都渋谷区/代表取締役:石川豊)と、気象データを扱う株式会社ONECOMPATH(本社:東京都港区/代表取締役社長:早川礼)は2019年10月11日までに、Maa...

自動運転化、「後付け型」であらゆるものを!福島と尼崎の企業が研究着手

自動運転(自律走行)化を後付けで実現させるユニットが開発されれば、あらゆるモビリティの無人走行が可能になる。こうした視点を持ったあるプロジェクトがスタートした。 そのプロジェクトは、ドローン開発を行うイームズロボティクス株式会...

低速自動運転の技術活用!クラリオンの自動出庫システムにグッドデザイン賞

仏自動車部品大手フォルシア傘下のクラリオン株式会社(本社:埼玉県さいたま市/取締役社長:川端敦)は2019年10月2日、同社が開発する自動遠隔出庫(長距離呼び寄せ)システム「Long Range Summon(ロング・レンジ・サモン...

自動車における「テレマティクス」とは?コネクテッド化で市場拡大

香港の調査会社が2019年9月、2019年から2025年にかけて「テレマティクス・コントロール・ユニット」(TCU)の累計出荷台数は4億3100万台を超える見込みであるという最新調査を発表した。 この調査結果が示すように、コネ...

スイスu-bloxのGNSSレシーバー、販売5億台に到達 自動運転実用化へ今...

位置情報を性格に把握することが、次世代の自動車開発には欠かせない。完全自動運転を実現させるためにはもちろんだが、位置情報に応じたコンテンツなどを配信するコネクテッドカーにおいても、重要な要素となる。 こうした中、自動車向け測位...

自動運転の実証実験に欠かせない最重要12項目とは!?(特集:自動運転の進化、...

自動運転に関わる実証実験が全国各地で行われている。テーマは多種多様で、同じテーマであっても実証場所が異なれば状況が一変するため、二つとして同じ実証は存在せず、一つひとつの実証が厳密に実施されなければならない。 この実証において...

自動運転AIにも!AI学習データの収集・作成プラットフォーム「Lionbri...

AI関連事業などを手掛ける米Lionbridge Technologiesは2019年6月7日までに、AI学習データの収集・作成プラットフォーム「Lionbridge AI」を正式ローンチしたことを明らかにした。 過去に買収によって取...

ソフトバンク、自動運転車などに誤差数cmの測位サービスを提供

ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長兼CEO:宮内 謙)は、RTK測位によって誤差数センチメートルの測位が可能なサービスを、全国で2019年11月末から法人向けに提供開始すると2019年6月3日までに発表した。高レベルな自...

バスロケ情報と言えばヴァル研究所グループの「BUS CATCH」!千葉県野田...

ルート検索大手のヴァル研究所のグループ会社・VISH株式会社が提供するバスロケーションシステム「BUS CATCH(バスキャッチ)」が、最近さまざまな地域のコミュニティバスや施設バスなどに続々採用されている。 2019年6月1...

自動運転車は目に見えない「アイツ」を避けられるようになる

人間は基本的には目で見たものは避けられる。運転中もそうだ。もちろん、見えてから行動するまでのタイムタグはあるが、例えば道路の先が渋滞していれば、迂回路を使うという判断をすることはできる。 ただ将来実用化される自動運転車は、目に...