事件

Google自動運転車への襲撃、セブンイレブンも過去に類似の被害

Google系Waymoの自動運転タクシーが米サンフランシスコの中華街で襲撃された。春節ムードの中で群衆が興奮し、車両の破壊行為に及んだ。最終的には車両は炎上し、このニュースは波紋を広げた。 この出来事の重大度は決して小さくは...

ライドシェアでの性的暴行、米国で年間約1,000件 発生率、日本のタクシーの...

国内でライドシェア導入の是非をめぐる議論が過熱し始めている。過去、国会ではライドシェア導入を認めない方針が決議されているが、移動サービスの需給不均衡などを背景に一部の有力国会議員らが議論の必要性を訴え始めたのだ。 ライドシェア...

GMの自動運転タクシー、ハンマーで破壊 容疑者が逃走中

自動運転タクシーが実用化されている米カリフォルニア州サンフランシスコで、ドライバーレスの自動運転タクシーが襲撃されるという事件が起こった。X(旧Twitter)にその様子が投稿され、アメリカ国内で波紋が広がっている。 自動運転...

自動運転の進化が「子ども置き去り死」を防ぐ未来

夏になると、車内の子ども置き去り死という悲しい事故・事件が毎年発生している。つい先日も神奈川県厚木市で1歳と2歳の幼児をエンジンを切った車内に置き去りにし、熱中症とみられる症状で死亡させたとして、母親が送検された。 エアコンを...

Waymoの自動運転車を狙った犯行?歩行者の襲撃受ける

Google系Waymoの自動運転車が走行中、歩行者に攻撃される事件が米アリゾナ州でこのほど起きた。 Waymoの発表によると、今回の事件は2022年7月5日の夜、「異常な」歩行者により単独で行われ、この歩行者はWaymoの車両が自動...

テスラ車で自動運転のまま居眠り…カナダ人男性を訴追 仮にレベル3でも駄目

カナダのアルバータ州で、時速140キロ以上でテスラ製EV(電気自動車)を自動運転させながら昼寝をしていたカナダ人男性が、危険運転の罪で訴追された。 この事件は2020年7月に起きた。テスラ車の運転席と助手席の両方のシートは完全...

Googleの元自動運転プロジェクト創設者に、懲役3年の地裁判決

自動運転プロジェクトに関する内部資料を不正に持ち出したとして、Googleの自動運転開発プロジェクト(現Waymo)創設者の1人であるアンソニー・レバンドウスキー氏に対し、懲役3年の地裁判決が2020年8月4日に言い渡された。 ...

中国DiDiのライドシェア事業、再開目途立たぬも機能刷新に注力

中国最大の配車サービスとなっている「滴滴出行」。運転手による利用客の殺害事件が2018年に起きて以降、ライドシェアサービス「Hitch」の提供を停止しており、再開の目処がいまだに立っていない。 程維CEO(最高経営責任者)は2...

悪夢、ついに…カーシェア車両、ハッキングで100台以上盗難 ダイムラーとBM...

独ダイムラーとBMWグループのカーシェアリングサービス「Share Now」の車両がアメリカシカゴでハッキングされ、100台以上が盗難被害に遭っていたことが、米CBS放送の記者ブラッド・エドワーズ(Brad Edwards)氏がツイ...

ライドシェアの主なトラブル事例・問題・事件まとめ

解禁の是非が問われ続ける有償ライドシェア。現状、海外でも賛否が分かれる一方、その市場規模は大きな伸びを見せ続けている。 社会認知度と受容性の高まりが市場に反映された結果だが、それではなぜライドシェアは解禁されないのか。反対論者...