ヤマハ発動機

ヤマハ発動機、低速自動運転サービスの企画担当者を募集!

ヤマハ発動機株式会社(本社:静岡県磐田市/代表取締役社長:日髙祥博)では、低速自動運転サービス企画についての求人募集を行っている。 免許返納後の高齢者の移動手段として需要が高まるパーソナルモビリティや、工場内の人手不足解消に役...

【自動運転ラボ白書】必読!自動運転バス・シャトル/トラック最新動向

自動運転技術の実用化に向けて取り組みが最も盛んな領域は、オーナーカーの開発ではなく、サービス用途のモビリティの開発だ。即ち、移動サービス用途の自動運転バス・シャトルや、物流用途の自動運転トラックなどだ。 特に先進国では移動サー...

自動運転と道の駅(2022年最新版)

道の駅などを拠点とした自動運転移動サービスが徐々に広がりを見せている。地方における公共交通の維持や新たなビジネスモデルを創出する取り組みとして、今後注目が高まっていくことは間違いない。 地方において、自動運転技術の導入をどのよ...

自動運転バス・シャトルの車種一覧(2022年最新版)

自動運転技術の実用化が世界で加速している。タクシーやデリバリーなどさまざまな用途に向けた開発が進められているが、早くから実用化が進んでいるのがバスやシャトルサービスだ。 この記事では、2022年3月現在で世界で開発が進められて...

自動運転が可能な車種一覧(2022年最新版)

自家用車における「自動運転レベル3」の搭載をはじめ、レベル4移動サービスの実用化も世界各地で進展している。市販車ベースのものからオリジナル車両まで多彩なモデルが出揃い始めた。 この記事では、実証を含む自動運転サービスなどに用いられてい...

自動運転バス・シャトルでの定常サービス一覧(2022年最新版)日本編

日本国内でも、自動運転バスやシャトルがすでにサービスを開始している。現状は安全面や法規制を考慮し、常時監視付きのレベル2や遠隔監視付きのレベル3といった運行形態を採用しているが、いずれも近い将来のレベル4サービスを見越した取り組みだ...

大手企業の求人多数!自動運転&MaaS、気になる求人4選【2022年1月】

2022年に入っても、自動運転業界とMaaS業界の盛り上がりには陰りは見えない。各社がビジネス展開の本格化に向け、人員強化に力を入れている。 自動運転ラボ恒例の「気になる求人」記事の2022年1月版では、各社が公開している案件...

アフターサービスの職種も!自動運転&MaaS、気になる求人4選【2021年1...

自動運転やMaaSなど次世代技術や次世代サービスの事業は増えており、有望市場として注目されている。人員強化に向けた採用活動に力を入れる企業も多い。 自動運転ラボ恒例の「気になる求人」記事の2021年10月版では、各社が公開して...

全国で3カ所目!道の駅×自動運転移動サービス、島根県で開始へ

国土交通省は2021年9月23日までに、ゴルフカート型の自動運転車両による移動サービスを、島根県飯南町で導入すると発表した。車両はヤマハ発動機製で、道路に埋設された電磁誘導線を使って自動運転を行う。 国交省は道の駅などを拠点と...

日本に新たな自動運転EV!無人搬送で活躍、ヤマハ発動機とティアフォーが開発

日本国内で新たな自動運転EV(電気自動車)が誕生した。自動搬送サービスで活用する目的で開発され、ヤマハ発動機とティアフォー、両社の合弁会社であるeve autonomy(イヴオートノミー)の3社が手掛けた。2021年9月8日までに発...