ヤマハ発動機

道の駅拠点!200円自動運転サービス、利用者1日4→9人に急増

国土交通省は道の駅を拠点とした自動運転サービス展開に取り組んでいる。2017年から実証実験を全国18カ所で実施し、その実験結果を踏まえてサービス商用化の第1弾の場として選ばれたのが、秋田県上小阿仁村の道の駅「かみこあに」だ。 この道の...

AI自動運転時代は車のサンバイザーも進化!サイヤ人の「スカウター」的になる!...

ドイツ自動車部品大手ボッシュが液晶ディスプレイとカメラで構成された革新的なサンバイザー「バーチャルバイザー」をCES 2020で発表した。自動車の誕生以来、長らく大きな進化のなかったサンバイザーにも次世代技術が搭載される時代がやって...

【ルポ】低速自動運転車はトゥクトゥクのような観光資源に!静岡県下田市の実証実...

静岡県下田市で2019年12月9日〜19日まで、2018年に始動した「しずおか自動運転ShowCASEプロジェクト」の実証実験が令和元年における第2弾として実施されている。 ゴルフカート型の小型自動運転車両を使用して下田駅から...

CASE進展、2020年以降の自動車業界はどう変わる?電動化や自動運転化によ...

自動車業界の潮流ともいえるCASE(コネクテッド、自動運転、シェア・サービス、電動化)。この流れは2020年以降も続き、業界の変革を象徴するキーワードとして定着・一般化しそうだ。 CASEの進展により未来の自動車業界はどのよう...

道の駅と集落結ぶ自動運転サービス、商用化が決定!まず秋田で

国土交通省はこれまで、道の駅を拠点とした自動運転サービスの展開に向け、各地で実証実験を実施してきた。この取り組みがいよいよ実証実験の段階から一歩進み、商用化されることになった。 国土交通省の発表によると、秋田県上小阿仁村の道の駅「かみ...

自動運転@道の駅、さぁビジネスモデル構築へ!滋賀県で長期実証

国土交通省は2019年11月11日までに、内閣府が主導する「戦略的イノベーション創造プログラム」(SIP)の一環として、滋賀県東近江市にある道の駅「奥永源寺渓流の里」を拠点に、自動運転サービスの長期実証実験を実施すると発表した。 実施...

自動運転中、ARで施設紹介も!愛・地球博記念公園で実証開始へ

株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:吉澤和弘)や土木測量大手のアイサンテクノロジー株式会社(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:加藤淳)は、「テーマパークにおけるエンタメ体験型の移動」をテーマに、2台の自動運転車両...

低速モビリティでMaaS実現!ヤマハ発動機と三井住友海上などがタッグ

ヤマハ発動機と三井住友海上火災保険、リスク管理事業へのコンサルティングを手掛けるMS&ADインターリスク総研の3社は2019年10月28日、低速モビリティ(ランドカー)の実証実験や公道走行時のリスクマネジメントに関する協定の締結に合...

ソニーとヤマハ発動機、沖縄で自動運転エンタメ車両の乗車イベント

ソニー株式会社(本社:東京都港区/代表取締役:吉田憲一郎)とヤマハ発動機株式会社(本社:静岡県磐田市/代表取締役:日髙祥博)が共同開発した自動運転技術搭載のエンターテイメント用車両「Sociable・Cart」(SC-1)の体験乗車...

AIバスや自動運転…最先端モビリティで地域課題を解決!11月22日にカンファ...

最先端モビリティに関するカンファレンス「e-JAMP CONFERENCE」が2019年11月22日、東京都の「大田区産業プラザPiO」で開催される。地方公共団体や交通事業者向けの無料イベントで、AI(人工知能)バスや電動キックボー...