ビジネスチャンス

書籍『Mobility 3.0』、CASEやMaaS時代のビジネス機会を考察...

米コンサルティング大手アクセンチュアの日本法人・アクセンチュア株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:江川昌史)は2019年5月31日までに、CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)とMaaS時代のビジネス機会に...

自動運転社会の到来で激変する9つの業界

「車社会」と言われるように、生活に非常に密着した存在である自動車。大げさな言い方をすれば、人間のパートナーともいうべき存在だ。この自動車が、将来自動運転車に変わる際、どのような影響や変化が起こるだろうか。 もともとすそ野が広い...

自動運転やつながるクルマ、自動車試験市場の拡大に一役 2024年に3100億...

自動車試験の関連市場は2017年から2024年に年平均成長率6.8%で伸び、規模は17億7000万ドル(約2000億円)から28億1000万ドル(約3100億円)にまで成長する——。米リサーチ・コンサルティング企業のフロスト&サリバ...

自動運転シンポジウム、企業内技術士交流会主催で10月12日に開催 ティアフォ...

公益社団法人日本技術士会(統括本部:東京都港区)の登録組織「企業内技術士交流会」は2018年10月12日、東京都内の芝浦工業大学・豊洲キャンパスで、「加速する自動運転の開発 ~まちやくらしの未来像を考える~」と題したシンポジウムと懇...

電通、MaaS到来に備えて群馬大学と社会実装研究 自動運転時代の広告配信手法...

広告代理店大手の株式会社電通(本社:東京都港区/代表取締役社長:山本敏博)は2018年8月7日、国立大学法人群馬大学(本部:群馬県前橋市/学長:平塚浩士)と、「次世代モビリティ社会実装研究における産学連携協定書」を締結した。 ...