バス停

自動運転バス実証、自己位置推定で「GNSS/GPS」使用が最多

自動運転技術の課題抽出や活用について検討を進めている「都市交通における自動運転技術の活用方策に関する検討会」はこのほど、基幹的バスにおける自動運転導入に関する検討の中間とりまとめ案を発表した。 同検討会の「基幹的なバス分科会」が取りま...

乾電池で動く「スマートバス停」の潜在力!全国で実証、6カ所同時に

スマートバス停の実証実験プロジェクトが、全国6カ所で始まった。IoTソリューションなどを手掛けるYE DIGITALと西鉄グループの西鉄エム・テックが、2021年12月1日までに発表した。 現在、コロナ禍の影響でバスの運行スケ...

高齢者団地の「距離のバリア」をぶっ壊す!自動運転車を駆使

賃貸住宅事業などを手掛ける東京都住宅供給公社(本社:東京都渋谷区/理事長:中井敬三)と群馬大学は、自動運転車両を活用した移動支援の実証実験を2021年10月に実施する。事業費の一部は東京都が負担する。 この実証実験は、東京都の...

全国初!自動運転バスとスマートバス停が連携 福岡県みやま市で実証開始へ

福岡県みやま市のコミュニティバス「みやま市自動運転サービス」とスマートバス停が連携する実証実験が、2021年9月7日からスタートする。 実施するのは、IoTソリューションなどを手掛ける株式会社YE DIGITAL(本社:福岡県...

MaaSでのデータ連携促進へ、静的バス情報フォーマットを改訂

MaaSにおけるデータ連携を促進させることを念頭に、国土交通省は2021年8月10日までに、「静的バス情報フォーマット」(GTFS-JP)を改訂した。 国土交通省はバスに関する情報を、経路検索に必要な時刻表や運行経路などの「静...

通学での活用検討!境町の自動運転バス、学校などにバス停追加

茨城県境町の自動運転バスが着々とサービスを拡充している。茨城県境町は2021年2月23日までに、町内を走る自動運転バスルートで2つだけだったバス停に、新たに6つのバス停を追加したと発表した。 子育て支援センターや小学校、銀行、...

経路検索大手ジョルダン、乗換案内サービスでバスの接近情報も提供 MaaS企業...

経路検索大手のジョルダン株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:佐藤俊和)は2019年9月13日までに、同社が自社運営する乗換案内サービスで2020年春からバスの接近情報の提供をスタートさせることを発表した。 同社は20...

一部自動運転でバス停にぴったり停車!トヨタが燃料電池バス「SORA」の改良モ...

トヨタ自動車(本社:愛知県豊田市/代表取締役社長:豊田章男)は2019年8月6日、一部自動運転でバス停にぴったり停車させる「自動正着制御機能」をオプションで追加した燃料電池バス「SORA」の改良モデルを、8月から販売開始すると発表し...

Yahoo!乗換案内、iOS版アプリに「バス停登録機能」追加 MaaS系アプ...

ヤフー株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:川邊健太郎)は2019年3月12日までに、無料の乗換検索アプリ「Yahoo!乗換案内」にバス停登録機能を追加したと発表した。 iOS版アプリで同機能が既に追加されており、ア...

消えゆく信号…自動運転化で2040年に 米都市調査団体が予測

「2040年以降は信号機がなくなり、駐車場はオープンスペースになる」――。米国で都市調査などを手掛ける団体「Regional Plan Association(RPA/地域計画協会)」が2017年10月に発表したリポート「New Mobil...