ソフトウェア

自動運転車にLED攻撃、標識の認識を「無効化」 脆弱性が浮上

シンガポールの南洋理工大学などに所属する技術者らが、自動運転車に道路標識を無視させる敵対的攻撃が行われる可能性を指摘し、警鐘を鳴らしている。 具体的には、LEDを使って道路標識に特定のパターンの光を当て、車両に搭載された画像認...

自動運転、ヒューマンエラーによる事故パターン(2024年最新版)

国内外で社会実装が進み始めている自動運転技術。交通事故を減らし、また人手不足を補う技術として早期普及に期待が寄せられている。 実用化が始まったばかりの現在においては、自動運転システムは未完であり、まだまだ改良の余地がある。実用...

テスラ株急落!180万円の自動運転ソフト、無料提供で復活模索か

栄枯盛衰。自動車業界に新風を吹き込んだ米EV(電気自動車)メーカーのテスラ。業績は堅調とも言えるが、一時隆盛を極めた株価は急落も含む下落傾向が続き、その企業価値はGAFAMから再び離され始めている。市場からは、EVメーカーとしての活...

英半導体大手Arm、自動運転分野でティアフォーと協業

自動運転スタートアップである株式会社ティアフォー(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:加藤真平)は2024年3月18日までに、新しい自動車技術で半導体設計大手の英Arm(アーム)と協業することを発表した。 Armは半導体やソ...

Over The Air(OTA)技術とは?(2024年最新版)

コネクテッドカーの登場により自動車業界で飛躍的に注目度が高まっている「OTA(Over the Air)」。聞きなれない言葉かもしれないが、スマートフォンなどで当たり前に使用されている技術で、自動車への普及も今後加速度的に進...

Google、事故後に自動運転ソフトを自主リコール 違法状態の牽引車両と接触...

米Google系の自動運転開発企業であるWaymoは2024年2月20日までに、接触事故の発生により旧ソフトウェアを自主的にリコールしたことを発表した。すでにアップデートを完了している。 報道発表によれば、以前Waymoの車両...

トヨタが自動運転ミニカーバトル!学生向けに実施、優勝者を本社へ招待

優勝者がトヨタ自動車の本社へ招待されるというイベントが開催された。一般社団法人42 Tokyoとトヨタは共同で「自動運転ミニカーバトル」を2024年1月26日に開催した。学生のキャリアの選択肢を広げることを目的としたレースだ。 ...

Googleの自動運転部門、インターンにも年収2,000万円提示

Google系の自動運転開発企業である米Waymoが、インターンを募集中だ。10万5,000〜12万5,000ドル(約1,600〜1,900万円)という高額な年収が提示されている。この年収を得られる正社員すらほとんどいない日本企業と...

自動運転の事故責任、誰が負う?(2024年最新版)

自動運転技術の実用化が加速している。アメリカや中国では自動運転タクシーの普及が始まり、ホンダやメルセデスは自動運転レベル3の機能をすでに商用展開している。 身近な技術となりつつある自動運転だが、いまだに判然としない課題が残って...

新たな自動運転銘柄「LDTC」がナスダック上場 カナダ企業のLeddarTe...

自動運転向けの車載ソフトウェア開発やセンサーフュージョン開発を手掛けるカナダのLeddarTech(レダーテック)が米ナスダック市場に上場し、ティッカーシンボル「LDTC」で2023年12月22日から取引を開始した。 同社はテ...