ソフトウェア

バス自動運転化などの「起点」に!ティアフォーが新サービス

自動運転バスなどの新規導入を検討している方に朗報だ。ティアフォーがこのほど、自動運転の開発から運用までをサポートする商用ソフトウェアプラットフォーム「Pilot.Auto(パイロットドットオート)」と「Web.Auto(ウェブドット...

早くもトヨタが2位!コネクテッドカー世界シェアランキング

OEM各社がコネクテッドカーの標準化を推し進める中、トヨタのシェアが拡大しているようだ。香港を拠点にマーケティングリサーチ事業を手掛けるCounterpointの最新の調査によると、コネクテッドカー市場におけるトヨタのシェアは11....

自動運転の事故責任、誰が負う?(2022年最新版)

自動運転技術の実用化が加速している。アメリカや中国では自動運転タクシーの実用化が進み、ホンダは世界初の自動運転レベル3搭載者を発売した。 身近な技術となりつつある自動運転だが、いまだに判然としない課題が残っている。自動運転にお...

テスラの自動運転ソフト「1万5,000ドルの価値ない」

CNN Businessが興味深い聞き取り調査を行っている。聞き取りを行った対象は、テスラの「FSD(Full Self-Driving)」という有料オプションを搭載しているテスラ車のオーナーだ。 FSDを日本語に訳すと「完全...

テスラの自動運転技術(2022年最新版)

EV(電気自動車)大手として世界に名を馳せる米テスラ。イーロン・マスクCEO(最高経営責任者)のリーダーシップと強烈なキャラクターのもと、自動運転業界を賑わせる存在としても有名だ。 2020年の自動車販売台数は50万台を突破し...

自動運転車と要件(2022年最新版)

レベル3の市販化やレベル4の実用化など、徐々に身近な存在となり始めている自動運転。自動運転技術を搭載したマイカーを手にしたり、自動運転サービスを受けたりする日もそう遠くない将来訪れることになりそうだ。 遠い未来の将来技術ではな...

予算420億円!NEDOの「レベル4自動運転×省エネ」事業

国立研究開発法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構」(NEDO)はこのほど、グリーンイノベーション基金事業「電動車等省エネ化のための車載コンピューティング・シミュレーション技術の開発」プロジェクトに着手することと、プロジェクトの公募で採択...

Over The Air(OTA)技術とは?(2022年最新版)

コネクテッドカーの登場により自動車業界で飛躍的に注目度が高まっている「OTA(Over the Air)」。聞きなれない言葉かもしれないが、スマートフォンなどで当たり前に使用されている技術で、自動車への普及も今後加速度的に進んでいく...

自動運転、デンソーがレベル4ソフトを開発 担当者募集中

自動運転技術の開発競争が世界中で激しさを増している。そんな中、トヨタグループの自動車部品大手デンソーは自動運転レベル4の本格普及を見据え、ソフトウェア技術開発者を募集している。 国土交通省は自動運転レベル4を「特定の条件下にお...

ボッシュ、中国の自動運転企業WeRideに出資!狙いは?

中国の自動運転ベンチャーであるWeRideは2022年6月3日までに、独自動車部品大手のボッシュから戦略的投資を受けたことを発表した。投資金額は非公開となっている。両社は戦略的協力協定を締結し、自動運転ソフトウェアの共同開発にも乗り...