コネクテッド

CASE対応へ愛知に技術開発拠点!国際認証機関テュフ・ラインランド

自動車国際認証機関テュフ・ラインランドの日本法人は2019年11月14日までに、今後拡大するCASE(コネクテッド、自動運転、シェア・サービス、電動化)市場に対応するため、車載関連製品の試験所能力を強化すること目的として、自動車産業...

トヨタ×自動運転、ゼロから分かる4万字解説

世界の自動車販売において、独VW(フォルクス・ワーゲン)グループと首位を争うトヨタ自動車。リーディングカンパニーの1社として長年業界をけん引してきた実績は、確かな信頼や技術力を築き上げてきた。 同社のブランドは今後も揺るぎない...

自動運転関連求人数、3カ月連続増 目立ち始めた「CASE」のキーワード

日本唯一の自動運転専門メディア「自動運転ラボ」(運営:株式会社ストロボ)はこのほど、日本における自動運転関連求人数調査の最新結果を発表した。2019年9月末時点の関連求人数(主要転職6サイト)は前月比0.3%増の1万5433件と微増...

ボッシュの新概念「PACE」、自動運転のほか「パーソナライズ」も

自動車部品供給メーカー大手の独ボッシュは、2019年10月24日から開催されている東京モーターショーで「PACE」という新概念を発表した。 自動車業界では現在「CASE」というキーワードが主に使われているが、この「CASE」と...

トヨタの新型「ヤリス」、その運転支援機能やコネクテッド機能は?

トヨタ自動車は2019年10月27日までに新型車「ヤリス」を発表した。世界最高レベルの低燃費と先進の安全技術を備えた次世代コンパクトカーで、販売は2020年2月中旬からを予定している。 この記事ではヤリスの運転支援機能やコネク...

トヨタのCASE戦略とは?コネクテッド、自動運転、シェアリング・サービス、電...

次世代のモビリティ業界の在り方を示すCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング・サービス、電動化)。世界各国の自動車メーカーが相次いで事業戦略にCASEという単語を用いるようになり、各分野において開発競争が激化している。 ...

自動運転時代は「時速40km」制限——その納得がいく理由

昨日公開した「これ凄い…自動運転時代、「ナナメ横断」どこでも可能に」という記事に引き続き、「Blueprint for Autonomous Urbanism Second Edition」という全米都市交通局(NACTO)の資料か...

世界から自動運転の専門家40人!SIP-adus Workshop開催へ

国立研究開発法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構」(所在地:神奈川県川崎市/理事長:石塚博昭)=NEDO=は2019年10月22日までに、自動運転の実現に向けて欧米やアジアの専門家が集まる国際会議「SIP-adus Worksh...

トヨタの章男社長、本日13:30からメッセージ生配信 自動運転やオリンピック...

2019年10月24日に開幕する東京モーターショー。開幕前日の23日の午後、トヨタ自動車の豊田章男社長が何か重要なメッセージを発信するようだ。YouTubeライブを通じ、トヨタの公式サイト上でも当日のその様子が発信されることがこのほ...

自動運転時代のボッシュ、その一端を見よ!東京モーターショーに出展

「自動運転」や「コネクテッド」などのCASE領域の研究開発に力を入れる自動車部品サプライヤーのドイツ企業ボッシュ。東京お台場エリアで2019年10月24日から11月4日にかけて開催される第46回東京モーターショーに出展し、同社の先端...