輪u解説記事・日本語ソース

自動運転における「ODD」って何?「運行設計領域」のことで、言い換えれば「能...

実証実験などに登場する自動運転レベルの高度化に伴い、「ODD」という言葉を目にする機会が増えてきた。今後、このODDは各社が開発する自動運転システムの能力を評価するうえでも明確な指標となるため、しっかりと理解しておきたいところだ。 ...

JTBが進めるMaaS領域における取り組みまとめ

国内旅行業大手の株式会社JTB(本社:東京都品川区/代表取締役社長:髙橋広行)が近年、MaaS(Mobility as a Service)領域に力を入れている。 旅行には、必ずと言えるほど移動が伴う。さまざまな移動手段をパッ...

アメリカにおける「自動運転×配達」の実証実験・テストまとめ

自動運転技術の商業的実用化において、タクシーとともに注目が集まる宅配事業。小型・大型タイプなどの開発と実証が日々進められている状況だ。特にスタートアップがひしめく米国では、大手小売りや飲食チェーンなどのデリバリー需要と合わせてさまざ...

自動運転の実証実験に欠かせない最重要12項目とは!?(特集:自動運転の進化、...

自動運転に関わる実証実験が全国各地で行われている。テーマは多種多様で、同じテーマであっても実証場所が異なれば状況が一変するため、二つとして同じ実証は存在せず、一つひとつの実証が厳密に実施されなければならない。 この実証において...

【全4回特集・目次】自動運転の進化、鍵は実証実験!〜その最前線に迫る〜

2020年、いよいよ自動運転レベル3(条件付き運転自動化)での走行が日本国内で解禁される。クローズドな空間や仮想空間では、完全にシステム側が運転の主体となるレベル4やレベル5の開発も既に各社が力を入れて取り組んでおり、自動運転時代の...

トヨタのカート型EV「APM」とは?五輪のラストワンマイルに貢献

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会まで1年を切り、開催に向けた準備作業が大詰めを迎え始めた。大会に参加する選手数は1万5000人超、観客数は1000万人超をそれぞれ見込んでおり、大会期間中は東京を中心に相当数があちこち...

【2019年7月分】自動運転・MaaS・AIの最新ニュースまとめ

名古屋大学発の自動運転スタートアップ・ティアフォーのシリーズAにおける累計調達額が113億円に到達した。シリーズAにおける累計調達額としては国内では最大規模だ。2019年7月に明らかになったこのニュースは、まさに自動運転領域にいま巨...

「トヨタ×オリンピック」!登場する自動運転技術や低速EV、ロボットまとめ

オリンピック・パラリンピックのワールドワイドパートナーを務めるトヨタ自動車は2019年7月、ワールドワイドパートナーを務める2020東京五輪におけるサポート体制を次々と発表した。持ち前の先端技術を生かした数々のロボットや自動運転車などを投入...

自動運転実用化「まずロボタクシーから」 Intelの現実解とは? モービルア...

米半導体大手のインテルと、インテル傘下のイスラエル企業モービルアイが、自動運転についての展望などをまとめた資料を発表した。資料の中では、自動運転業界全体の展望と両社の戦略、取り組むべき課題などが詳しく解説されている。 両社はド...

自動運転、いざ解禁へ!進む法改正、肝となる「緩和基準」とは?

自動運転の解禁に向け、制度面の動きが活発化している。道路交通法や道路運送車両法の改正をはじめ、車両に求められる保安基準の緩和や無人移動サービスのガイドライン策定など、この1年余りで自動運転実現に向けた舞台が一気に整い始めた。こうした...