輪u解説記事・日本語ソース

SteraVision、「見たいところを見たい精度で見る」LiDARの開発加...

センサー開発などに取り組む株式会社SteraVision(本社:茨城県つくば市/代表取締役社長:上塚尚登)=ステラビジョン=は2021年4月15日までに、LiDAR(ライダー)開発を加速させるため、第三者割当増資による資金調達を実施...

自動運転タクシーを独占的運行!GM Cruise、ドバイで2023年から

自動運転タクシーを開発するGM傘下のCruise(クルーズ)はこのほど、自社開発の自動運転EV(電気自動車)「Origin(オリジン)」を使い、2023年からドバイで自動運転タクシーの運行を開始すると発表した。米メディアなどが報じた...

BlackBerry、車載データによるイノベーション促進!新ファンドの狙いと...

自動運転分野で躍進を続けるカナダのBlackBerryは、車載データプラットフォーム「BlackBerry IVY」のエコシステム拡大を目指し「BlackBerry IVY Innovation Fund」の設立を発表した。 ...

Pepperに続くロボティクス事業の全貌(ソフトバンク×自動運転・MaaS ...

ロボティクス事業に力を入れるソフトバンクグループ。「ソフトバンク×ロボット」と問われると、ヒト型ロボット「Pepper(ペッパー)」をイメージする人が多いものと思われるが、現在は配送や搬送、清掃など各種サービス用途に向けたロボットの...

自動運転×宅配、ルート最適化AIとECを結ぶ「コネクタ」の重要性

自動運転技術を活用した自動配送ロボットの実用化に向け、実証が加速している。ロボット開発事業者や宅配事業者を中心に、小売りやエリアマネジメント事業者らが参画し、公道を交えた本格実証が各地で盛んに行われている。 こうした自動配送ロ...

自動運転バスの実証国内最多!BOLDLYの全貌(ソフトバンク×自動運転・Ma...

ソフトバンクグループにおいて自動運転関連事業の最前線に立つBOLDLY(ボードリー)。2016年の設立から瞬く間に頭角を現し、グループ内のみならず自動運転業界における存在感を飛躍的に高めている。 この記事では、自動運転分野にお...

長者番付、自動運転業界からはテスラのマスク氏ともう1人…誰?

アメリカの経済誌フォーブスは2021年4月13日までに、2021年版の「世界長者番付」を公表した。 自動運転業界からは、米EV(電気自動車)大手テスラのイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)が、保有資産1,510億ドル(約1...

車内照明市場、2026年に57億ドル規模!自動運転車の裾野産業にビジネスチャ...

世界の自動車用インテリア照明市場は、2026年までに57億6,160万ドルに達すると予想され、2020年から2026年のCAGR(年平均成長率)は6.0%となる見込みのようだ。市場調査レポートプロバイダーのReport Oceanが...

自動運転の移動サービスサポート「あいおい vs SOMPO」の構図が鮮明に

あいおいニッセイ同和損保(以下あいおい)とMS&ADインターリスク総研が、福井県吉田郡永平寺町でスタートした遠隔型無人自動運転移動サービスにおいて自動車保険を提供し、自動運転移動サービスの実現を後押ししている。 損害保...

MIHのCTO、Apple Carに触れる一幕も ティアフォーサミット、自動...

オープンソースの自動運転OS(基本ソフト)「Autoware」を開発する株式会社ティアフォー(東京オフィス:東京都品川区)は、2021年4月21日(水)に公式オンラインサミット「Tier IV SUMMIT 2021」を開催する。 ...