輪u解説記事・日本語ソース

自動運転、レベル3とレベル4の違いは?(2023年最新版)

レベル0から5まで6段階に区切られた自動運転レベル。現在、自家用車へのレベル3搭載がスタートしたほか、移動サービスや輸送サービスの用途でレベル4の開発・実用化が進められている。 レベル3は自家用車向け、レベル4はサービス用途向...

空港制限区域での自動運転、必要な「共通インフラ」は?

空港内への自動運転技術導入に向け検討を進める「空港制限区域内における自動走行の実現に向けた検討委員会」はこのほど、安全な自律走行に必須のインフラに求めるべき要件をまとめた「共通インフラガイダンス(案)」を作成した。 空港では、...

震災の伝承、自動運転車が貢献 「奇跡の一本松」がある祈念公園で

「奇跡の一本松」のある岩手県陸前高田市の高田松原津波復興祈念公園で、東日本大震災の伝承活動に貢献する自動運転サービスの運行が行われる。この運行は陸前高田市の委託を受け2023年2月1日〜3月5日に実施され、2025年の本格運行開始を...

【2023年1月の自動運転ラボ10大ニュース】レベル3~4計画が次々

2023年が幕を開けたばかりだが、自動運転に意欲的な各社の動きが早くも活発化している。海外では、モービルアイやボルボ・カーズ、メルセデス・ベンツなどが自動運転実装に向けた取り組みや計画をそれぞれ発表している。 国内では、タクシ...

かつてない!?「立ち乗り型」自動運転モビリティに注目

関西電力子会社のゲキダンイイノ合同会社(本社:大阪府大阪市/代表:嶋田悠介)は、自動運転モビリティ「iino type-S712」の公道走行実証実験を2023年1月27〜29日に実施する。 兵庫県神戸市の三宮周辺地域で歩行者中...

トヨタの実証都市Woven City、「第1期」工事がスタート!

トヨタが静岡県裾野市に建設中の実証都市「Woven City(ウーブン・シティ)」で、最初に実証を開始するフェーズ1の建設工事がスタートしているようだ。 Woven Cityの公式Facebookでは、2022年12月31日に...

ドローンの「レベル4自律飛行」見据え、JALなどが長期実証

2022年12月5日に施行された改正航空法において、「有人地帯における補助者なし目視外飛行(レベル4飛行)」が可能となった。これを機に、日本航空(JAL)などが2023年2月1日から、東京あきる野市でドローンを活用した医療物資輸送運...

トヨタの気になるCASE求人!自動運転&MaaS、気になる求人4選【2023...

自動車を製造する会社から、モビリティカンパニーへの変化を図っているトヨタ。ご存じのようにCASE分野への投資や研究開発、実用化などに力を入れている。 自動運転ラボ恒例の「気になる求人」記事の2023年1月版はトヨタに特化し、C...

自動運転の米Outrider、ヤードトラック開発で94億円資金調達

物流ハブ向け自動運転トラックを開発しているスタートアップの米Outrider(アウトライダー)は2023年1月24日までに、新たに7,300万ドル(約94億円)の資金調達を行ったことを発表した。 2017年設立のOutride...

1台で人件費年240万円削減!注目の自動運転配送ロボ

無人搬送車などの開発も手掛ける中⻄金属工業株式会社(本社:大阪府大阪市/代表取締役社長:中⻄⻯雄)は、同社の金型製造工場にAMR(自律走行搬送ロボット)を導入したことを2023年1月23日までに発表した。 これにより、年間で最...