輪u解説記事・日本語ソース

自動運転とSDGs(2022年最新版)

持続可能な社会の構築に向け、世界各国の政府や企業、個人が取り組んでいるSDGs。自動車業界においては、カーボンニュートラルの実現などに注目が集まりがちだが、自動運転技術もSDGsと無関係ではない。 自動運転はSDGsにどのよう...

自動運転とEV(2022年最新版)

コネクテッド、自動運転、シェアリング・サービス、電動化――いわゆる「CASE」の波が自動車業界に押し寄せている。 それぞれが密接に関わり合いながら開発・実用化が進められているが、次世代モビリティを象徴する自動運転と電動化は、特...

自動運転車の意図、「視線を提示できる目」で歩行者に伝達

東京大学の研究グループはこのほど、自動運転車に「視線を提示できる目」を取り付けた実証実験をバーチャルリアリティー環境下で実施し、この目を車両に取り付けることで歩行者による「危険な道路横断」を減らせ、結果として安全性を向上できる可能性...

早ければ2040年代に!「手動運転禁止」6つのメリット

現在、世界各国で開発が進められている自動運転車。道路交通の安全性向上や効率化、省人化を大義名分に、今後どんどん社会実装が推し進められていくことが予想される。遠い将来、自動運転車が主流となる社会が訪れることもほぼ間違いないだろう。 ...

トヨタMaaS「非常に期待」「二重に運賃」!口コミ分析をしてみたら

トヨタのMaaSアプリ「my route」は、さまざまな交通手段を組み合わせたルート検索をはじめ、交通手段の予約や決済がワンストップで完了するスマートフォンアプリだ。 my routeの公式サイトによると、2022年9月時点の...

韓国、自動運転レベル4の商用化期限「2027年」と設定

韓国政府はこのほど、2027年までに「自動運転レベル4」の自動運転車を商用化し、自動運転機能を備えた新車の普及率を2035年に50%以上にする計画を発表した。韓国の日刊紙ハンギョレが報じた。 レベル4の商用化期限を政府自らが設...

自動運転と駐車(2022年最新版) 技術や業界動向は?

商用車におけるレベル4の実用化が進展する中、一般乗用車におけるレベル4実用化への注目も高まり始めている。ODD(運行設計領域)設定が複雑で、手動運転と両立する必要があるオーナーカーのレベル4はハードルが高いが、すでに実用化域に達し始...

Google創業者の空飛ぶクルマ企業、突然の閉鎖宣言!次の展開は?

ラリー・ペイジ氏と言えば、Googleの共同創業者であり、同社の元CEO(最高経営責任者)だ。そんなペイジ氏が設立した空飛ぶクルマのスタートアップ企業が、閉鎖されることになった。 閉鎖されることになったのは、Kittyhawkという企...

テスラの完全自動運転ソフト、テスターが16万人に急増!

米EV(電気自動車)大手テスラの有料オプション「FSD」のβ版のテスターが大幅に増加するようだ。CEO(最高経営責任者)であるイーロン・マスク氏のツイートなどによれば、アメリカとカナダで6万人追加され、16万人規模になるという。 ...

今だけの傾向?米国人の76%「自動運転は安全性が低い」と回答

自動運転車の研究開発が進む中、自動運転車に関してのアメリカ人の本音が分かる興味深いアンケート結果がこのほど公表された。 これは、保険代理店の米Policygeniusが18歳以上のアメリカ人1,500人を対象に自動運転車に対する意識調...