自動運転ラボ、マーケティング活動のデジタルシフトを支援 新型コロナウイルスの感染拡大受け

メディア上でPR支援、オフラインに代わってリード獲得





新型コロナウイルスの感染拡大で、さまざまな業界に影響が出ています。予定していたイベントやカンファレンスの開催を中止するケースが相次いでおり、デジタルチャネルでのマーケティング活動にシフトする企業が目立ち始めています。







自動車業界も例外ではありません。自動運転ラボにもイベントの開催中止についての情報が多く寄せられており、自社サービスや取り組みに関するマーケティング活動をデジタルにシフトせざる得ないといった悩みを多く聞きます。

自動運転ラボはこうした状況の中、自動運転事業に力を入れている企業様のマーケティング活動に貢献できるよう、自動運転領域特化型の「ブランディング&アクセラレーション支援サービス」の提供を通じた支援に力を入れて参ります。

同サービスでは、自動運転専門メディアとして国内最大級の自動運転ラボ上で、自社のサービスや取り組みについての情報発信やPRが可能です。セミナーや展示会などオフラインで狙っていたリードを獲得できるよう、デジタルマーケティングを通じて支援いたします。

またデジタル施策の支援だけでなく、自動運転に特化したメディアを展開している強みを生かし、今年後半に向けたイベント企画・運営にも対応いたします。

サービスの詳しい内容は「自動運転領域特化型ブランディング&アクセラレーション|B&A by 自動運転ラボ」からご確認いただけます。ご質問などにつきましては「お問い合わせ」からご連絡下さい。







関連記事