Waymo(ウェイモ)

自動運転、一番進んでるメーカーは?(2023年最新版)

米国、中国を中心に本格実用化が始まっている自動運転サービス。日本などでも法整備が進み、徐々に社会実装の輪が世界に広がり始めた。 黎明期を迎えた自動運転。急拡大する市場をリードし、覇権争いを展開する開発企業13社をピックアップし...

GM、自動運転タクシー再開は「まず1都市」で 専用車両、2024年は生産なし...

GMの自動運転部門であるCruise(クルーズ)は現在、アメリカ国内13都市で有料展開していた自動運転タクシーの運行を全面的に停止している。そのCruiseの従業員向けのメールで、運行再開の際はまず1都市での展開になることが記載され...

中国、一般向け自動運転車のレベル3〜4公道テストを許可

中国で一般向けの自動運転車の走行テストがスタートする。この自動運転車は、中国で「インテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)」と呼ばれており、指定された都市内を自動運転レベル3〜4で試験走行できるようになるという。 今後...

自動運転タクシー、「Google一強時代」に逆戻り GMの全台リコールで

無人自動運転走行を全面的に停止していたGM系Cruiseが、自動運転ソフトウェアのリコールを発表した。2023年10月に発生した人身事故を受けたもので、システム改善により安全性強化を図る狙いだ。 米国ではグーグル系Waymoと...

自動運転車「事故発生=人間より危険」は、情弱のレッテル貼り 普及の阻害要因に...

米国や中国などを筆頭に実用化が始まっている自動運転技術。米カリフォルニア州などでは自動運転タクシーが商用化され、車道を無人走行する姿を見かけることも珍しいものではなくなった。 一方、こうした自動運転車の増加によりトラブルも増加...

ついにUberが自動運転タクシー展開!Google製車両を採用、業界の大本命...

米ライドシェア最大手のUber(ウーバー)は2023年11月1日までに、自動運転タクシーサービスをアメリカ国内で開始した。アリゾナ州フェニックスで、Uberアプリを通じてGoogle系Waymoの自動運転タクシーの配車が可能になった...

人間タクシー「運転手ガチャ」にはこりごり!自動運転化に期待の声

「運転手ガチャに失敗」「運転手ガチャ、大外れだった」──。最近、タクシーに関する失敗談で、「運転手ガチャ」という言葉が使われるケースをSNSなどでよく見かける。 たしかに、乗車したタクシーの運転手が道をよく知らなかったり、態度...

自動運転タクシー、普及急ぐウサギ(米国)が失速 カメ(日本)に勝機到来?

自動運転タクシー実用化で先行する米国と中国。一部エリアではすでにドライバー無人の営業運行を行っている。一方、日本は運転席無人の公道走行をルートを限定して実証できるかな……といったレベルだ。まるでウサギ(米中)とカメ(日本)だ。 ...

ホンダの自動運転戦略(2023年最新版) 無人タクシー計画、レベル3車両発売...

世界初の自動運転レベル3搭載量販車の販売など波に乗るホンダ。自動運転分野では目立たず静観している印象が強かったホンダが、ついに本領を発揮し始めた。米GM、Cruise(クルーズ)との協業により、自動運転タクシーを展開する計画も発表し...

ホンダの自動運転タクシー、Googleすら未実現の「運転席なし」

ついに自動運転専用設計のオリジナル車両によるタクシーサービスが始まりそうだ。米GM、Cruiseと協業するホンダが、2026年にも「クルーズ・オリジン」を用いた自動運転タクシーサービスを東京都心部で開始するという。 自動運転タ...