Waymo(ウェイモ)

自動運転レベルとは?定義・呼称・基準は?(2022年最新版)

自動運転レベルは、運転の主体や自動運転の技術到達度、走行可能エリアなどによって、「レベル0」から「レベル5」の6段階に分類されている。2022年2月現在、レベル3の機能を搭載した市販車の販売はすでに始まっており、レベル4の自動運転シ...

米で「人間不要論」!ライドシェアで「自動運転車」が来る

「アメリカのライドシェアアプリは?」と聞けば、多くの日本人はUber(ウーバー)と回答するかもしれないが、実際にアメリカにおいては、業界2位のLyft(リフト)の知名度も高い。 そんなLyftがここ数年、ライドシェアサービスで...

Waymoの自動運転タクシー、「口コミ」を調べてみた

世界で初めて自動運転タクシーを商用展開したのは、米Google傘下の自動運転開発企業Waymo(ウェイモ)だ。2018年12月にアリゾナ州フェニックスで開始し、現在はカリフォルニア州にもサービス提供範囲を拡大している。 同社の...

自動運転の歴史と現状(2022年最新版)

本格実用化に向けた取り組みが世界各地で進展する自動運転技術。21世紀前半をけん引する新産業として2010年以降開発競争が激化しており、自動運転タクシーも2018年に入って実用化されたが、その開発の歴史は思いのほか古い。 この記...

自動運転とサービス(2022年最新版)

無人の自動運転車が市街地や郊外を当たり前のように走行する未来がやってくる。すでに、限定条件下で自動運転が可能となる「レベル3」をホンダが市販車に搭載し、特定エリア内での完全自動運転が可能な「レベル4」の自動運転タクシーも登場している...

自動運転、一番進んでるメーカーは?(2022年最新版)

米国、中国を中心に本格実用化が始まっている自動運転サービス。今後、法規制の整備などとともに世界各地で続々と新サービスが産声を上げることが予想される。 市場を急拡大させる自動運転分野において、開発・実用化面で先行する企業は大きな躍進が期...

米国初!Cruise、自動運転タクシーを海外に「輸出」へ

米GM傘下のCruise(クルーズ)が、ドバイでの自動運転タクシーのローンチに向け、着々とプロジェクトを進めている。2023年からのサービス開始の前段階として、自動運転車用のデジタルマップの作成開始を、ドバイ交通局(RTA)がこのほ...

【2022年7月の自動運転ラボ10大ニュース】レベル5開発のTURINGが資...

百度の最新自動運転タクシーの発表やZooxの自動運転タクシー事業に向けた取り組みなど、海外では依然として自動運転業界がにぎわっている。 一方、日本でもレベル5実現を公言するスタートアップや自動運転の安全性を数学的に証明する取り...

Amazon、自動運転タクシー展開へ 傘下企業が試験準備

米Amazonが自動運転タクシーのビジネスに参入する方針であることが分かった。ロイター通信の報道によれば、Amazonが過去に買収した傘下のZooxがカリフォルニア州当局に対して試験走行の許可を申請しており、試験後、商用サービスの展...

Waymoの自動運転車を狙った犯行?歩行者の襲撃受ける

Google系Waymoの自動運転車が走行中、歩行者に攻撃される事件が米アリゾナ州でこのほど起きた。 Waymoの発表によると、今回の事件は2022年7月5日の夜、「異常な」歩行者により単独で行われ、この歩行者はWaymoの車両が自動...