Toyota Safety Sense

トヨタの新型カローラ、コネクテッド技術の結集度は?

トヨタ自動車は2019年9月17日、セダンタイプの「カローラ」、ワゴンタイプの「カローラ ツーリング」を車名とともにフルモデルチェンジするとともに、ハッチバックタイプの「カローラ スポーツ」を一部改良し、それぞれの販売を開始した。 ...

トヨタ子会社TRI-AD、東京で自動運転向け高精度地図の自動生成実験

トヨタ自動車の自動運転ソフト開発子会社トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI-AD)は2019年3月3日までに、自動運転車向けの高精度地図の自動生成に向けた公道での実証実験を、米CARMERA社...

トヨタ・プリウス、コネクテッドカーの仲間入り 全車にDCM搭載

トヨタ自動車(本社:愛知県豊田市/代表取締役社長:豊田章男)は2018年12月27日までに、ハイブリッド車(HV)「プリウス」のマイナーチェンジについて報道発表を行った。全車に車載通信機(DCM)を搭載させることが目玉で、プリウスが...

カローラスポーツ、JNCAP安全性能評価で最高ランク 将来の自動運転にもつな...

国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が実施する自動車アセスメント「JNCAP」。このJNCAPの2018年度前期の予防安全性能評価において、予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」などを搭載したトヨタ自動...

トヨタのToyota Safety Sense、導入3年半で搭載車両1000...

トヨタ自動車(本社:愛知県豊田市/代表取締役社長:豊田章男)は2018年11月26日、同社の普及型予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を搭載した車両の世界累計台数が10月末までに1000万台に到達したと発表し...

【最新版】トヨタの自動運転車、戦略まとめ 実用化はいつから? AIやコネクテ...

今、自動車業界では自動運転化やコネクテッド化、電動化などの技術が進化し、次世代スタンダードの構築に向け異業種を巻き込んだ新たな局面を迎えている。多くの関連企業や子会社を持ち、日本国内にとどまらず世界を代表する自動車メーカーのトヨタ自...