Nvidia(エヌビディア)

【2023年1月の自動運転ラボ10大ニュース】レベル3~4計画が次々

2023年が幕を開けたばかりだが、自動運転に意欲的な各社の動きが早くも活発化している。海外では、モービルアイやボルボ・カーズ、メルセデス・ベンツなどが自動運転実装に向けた取り組みや計画をそれぞれ発表している。 国内では、タクシ...

アメリカの自動運転最新事情(2023年最新版)

自動車大国であり、自動運転開発も盛んなアメリカでは、グーグル系の自動運転開発企業Waymoが2018年、世界に先駆けて自動運転タクシーを実用化し、自動運転時代の口火を切った。以後、世界の開発各社がWaymoを追いかける形で開発競争を...

自動運転タクシーとは?(2023年最新版)

米Waymo(ウェイモ)の商用サービス実施を皮切りに、現実味を帯びてきた自動運転タクシー(ロボットタクシー)。ドライバー不在の自動運転タクシーが当たり前のように客を乗せて市街地を走行する光景も、近い将来、当たり前のものとなっていくは...

自動運転、日本勢の新興ティアフォーとNVIDIAに接近の兆し

米半導体大手NVIDIAと台湾のFoxconnが、自動運転開発に向けパートナーシップを結んだ。NVIDIAの高性能SoC(システムオンチップ)を搭載したECU(電子制御ユニット)をFoxconnが製造し、Foxconnが製造するEV...

Foxconn、自動運転EVの受託生産開始へ!米NVIDIAと提携

米半導体大手NVIDIA(エヌビディア)は2023年1月4日、世界最大級の技術展「CES」において、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業傘下の富士康科技集団(Foxconn=フォックスコン)との戦略的パートナーシップを発表した。 ■「M...

MaaS関連の株式銘柄・投資信託(2022年最新版)

コネクテッド・IoT技術や自動運転技術の進展を背景に、モビリティサービスが進化し続けている。この進化を象徴するように自動運転開発企業やモビリティサービスプラットフォーマーなどの上場が近年相次いでいる。 上場後の株価は、コロナ禍...

【2022年9月の自動運転ラボ10大ニュース】日本初の次世代モビリティ専門職...

2022年も早秋を迎えた。国内では、次世代モビリティの研究に特化した日本初の専門職大学が文部科学省の認可を受け、来春にも山形県内で開学するようだ。また、TURINGやモービルアイによる公道実証も行われているようで、開発勢もいっそう厚...

エストニア企業Clevon、中間サイズの自律配送ポッドを開発

自動配送ロボットよりは大きく、自動運転タクシーよりは小さい、ミドルサイズの自律走行配送ポッドを開発している企業がある。エストニア企業のClevonだ。同社が開発している自律走行配送ポッドは、欧州で2020年から商業利用されてきた。 ...

さよならNVIDIA?GM Cruise、自動運転チップを自社開発

GM傘下で自動運転開発を行うCruiseが、自動運転車用の半導体チップを独自開発したことが明らかになった。ロイター通信のインタビューで同社のハードウェア責任者がこのほど明かした。 ■「有名ベンダー」に対して多額の費用 C...

ソフトバンクビジョンファンドとは?(2022年最新版)

投資会社としての色を年々濃いものへと変えていくソフトバンクグループ。投資事業をけん引するソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)などの投資損益は、日本企業で初めて5兆円の純利益を出した2021年3月期に累計7兆円を超えた。 ...