Nio(ニオ)

中国NIOの自動運転機能「NAD」、新SUVのES7に搭載

中国の新興EV(電気自動車)メーカーNIO(上海蔚来汽車)は2022年6月20日までに、新型SUV(多目的スポーツ車)「ES7」を初公開した。 公式サイトによれば、ES7にはNIOが蓄積してきた最新の自動運転技術が「NIO A...

自動運転時代、「充電マネジメント」に商機

EV(電気自動車)シフトが加速する自動車業界。動力源の変化とともに自動車を取り巻く周辺サービスやビジネスも徐々に新たな動きを見せ始めている。 このEVシフトの波は、自動運転時代の到来とともに大波となって押し寄せてくる可能性があ...

EVメーカーの自動運転戦略一覧(2022年最新版)

テスラの時価総額が1兆ドル(115兆円)を超え、新規上場直後に時価総額10兆円を超えたEV(電気自動車)メーカーのRivian(リビアン)が現れるなど、EV業界に向けられる期待が天井知らずに伸び続けている。 EVシフトへの圧力が強まる...

自動運転レベル3市販車、2022年における各社の発売計画一覧

ホンダが自動運転レベル3「トラフィックジャムパイロット」を搭載した市販車を発売し、半年以上が過ぎた。レベル3搭載の市販車については、未だ明確に追随する動きは出ていないが、ライバル勢の開発も大詰めを迎えつつあるようだ。 この記事...

「自動運転指数」とは?S&P Kensho Autonomous ...

本格実用化に向けた機運が高まる自動運転技術。すでに関連市場は盛り上がりを見せており、スタートアップの新規上場も相次いでいる。 こうした市場の盛り上がりを示す指標に「S&P Kensho Autonomous Vehic...

「スバルが一般道で自動運転」の違和感 メディアの表現は適切?

SUBARU(スバル)が一般道における高度な自動運転レベル2技術の実用化を2020年代後半にも目指すことを明らかにしたようだ。複数のメディアが報じている。 高速道路などと異なり、交通環境が複雑な一般道でハンズオフ運転など高度な...

死亡事故続く「中国版テスラ」 NIOの車は「自動運転」できない

いま世界的に注目されている中国の新興EV(電気自動車)メーカーと言えば、NIO(上海蔚来汽車)だ。米国市場に上場後に株価が高騰し、「億り人」ならぬ「ニオくり人」(2億り人)という言葉も投資家界隈の間で流行した。 そんなNIOの...

中国の新エネルギー車(NEV)、サプライヤー判明!自動運転車でも採用?

EV(電気自動車)を中心とした「新エネルギー車」(NEV)の開発・量産化が右肩上がりの成長を続けている。従来の内燃機関を備えた自動車から純バッテリー式のBEVへのシフトが徐々に進み始めているのだ。 自動車の構造そのものが変化を...

自動運転ベンチャー、続々と大型受注案件!ビジネス段階に突入

自動運転技術の社会実装が本格化の兆しを見せており、市場が活気づいている。自家用車向けの自動運転レベル3をはじめ、移動サービス向けのレベル4、自動運転配送車、各種ロボットなど、量産に向けた動きが活発化しているのだ。 こうした動き...

Intel傘下Mobileye、中国の「テスラキラー」へ自動運転キット提供へ...

自動運転車の「目」となる画像処理チップの開発を手掛けるイスラエル企業のモービルアイ(米インテル傘下)と中国EV(電気自動車)メーカーの上海蔚来汽車(NIO)が、市販向け自動運転EV車の開発・製造でパートナーとなったことが、2019年...