CASE

【インタビュー】カーシェア参入、「派手な車」より「乗りやすい車」で挑む ID...

最近、自動車業界で頻繁に登場するキーワードがある。「CASE」だ。「コネクテッド」「自動運転」「シェアリング」「電動化」の頭文字をつなげた言葉で、業界の未来を表す象徴とも言える。この中の「シェアリング」に関しては、シェアサービスの代...

2018年の自動車系キーワード、プレスリリース登場数ランキング 自動運転、コ...

さまざまなニュースで溢れかえった2018年。自動運転分野では、コネクテッドカーやライドシェア、MaaSなどといった特定のキーワードが多く飛び交い、少しずつ社会に浸透していくさまが見て取れた。 そこで今回は、プレスリリース・ニュ...

スマートバリュー、車両のサービス化推進プラットフォーム「Kuruma Bas...

クルマのコネクテッド関連事業を手掛ける株式会社スマートバリュー(本社:大阪府大阪市/代表取締役社長:渋谷順)は2018年12月14日、車両のサービス化推進プラットフォーム「Kuruma Base(クルマベース)」の提供を2019年5...

「自動運転×人材育成」の最新動向まとめ AI人材育成を国策で推進

狩猟社会から農耕社会、工業社会、そして情報社会と進化してきた世界。現在は、AI(人工知能)社会とでも言うべき次世代を見据えた産業が急成長しており、これは自動運転の分野においても例外ではない。むしろ代表例と言えるほどで、AI技術なくし...

UL日本法人、伊勢本社に信頼性試験ラボ新設 ”CASE̶...

世界的に知られるアメリカの第三者安全科学機関ULの日本法人UL Japan社は2018年11月18日までに、三重県の伊勢本社に車載機器に特化した「信頼性試験ラボ」を新設し、2019年春ごろの稼働を目指すと発表した。同社は「CASE(...

総合商社、自動運転・MaaSビジネスに照準 最新業界動向&事業まとめ

「ラーメンから航空機まで」と例えられるほど幅広い商品やサービスを取り扱う総合商社。明治時代以降、長らく日本の経済を支えてきた存在だが、自動運転の分野においてはどのような事業を行っているのだろうか。今回は、一般的に総合商社と呼ばれてい...

ダイムラーの自動運転戦略まとめ 計画や提携状況を解説

ドイツのシュトゥットガルトを本拠地とする自動車メーカーのDaimler AG(ダイムラー)。メルセデスベンツや世界販売最大手のトラック部門などを抱え、日本国内においては三菱ふそうを傘下に収めている。 歴史に裏付けられた堅実な自...

米アマゾンのクラウドAWS、自動運転やつながるクルマの開発に貢献

米アマゾンに莫大な収益をもたらしているクラウド事業「アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)」。2018年第2四半期におけるAWSの営業利益は前年同期比84%増の16億ドル(約1800億円)に達し、アマゾンの稼ぎ頭となっている。 ...

パナソニックが長距離画像センサー 夜間の自動運転に活躍、TOF方式

パナソニックは2018年7月6日までに、夜間でも遠くの距離情報を画像化できるTOF(Time of Flight)方式の長距離画像センサーを開発したと発表した。車載カメラをはじめ産業用、監視用など多分野への展開が可能で、2019年度...

AI人材が1日1人増える!? パナソニック、自動運転車のサイバー対策など注力...

パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市/代表取締役社長:津賀一宏)は、AI(人工知能)に精通した自社人材を2020年までに1000人まで増員する。現時点でのAI人材は318人ということから、今後2年間は「1日1人」のペースで増やし...