Baidu(百度)

世界初「自動運転レベル4市販車」、中国・百度が発売へ

中国IT大手の百度(バイドゥ)は2022年6月15日までに、2022年末までに予約受け付けを開始する自動運転EV(電気自動車)のプロトタイプを公開した。 この車両はSUV(多目的スポーツ車)「ROBO-01」のプロトタイプで、...

自動配送ロボット、中国で「爆発的拡大」の予兆

中国で現在、自動配送ロボットのサービス実証が大きく加速しているようだ。EC事業者やスタートアップの競争が白熱し、中国内各都市で導入を目指す動きが活発化している。 この記事では、開発・サービス各社の動向について解説していく。 ...

自動運転、米国株・日本株の銘柄一覧(2022年最新版)

自動運転技術の実用化に伴い、LiDAR開発をはじめとした関連スタートアップの上場が相次いでいる。自動運転の市場化が本格化の兆しを見せ始めているのだ。 この記事では2022年5月時点の情報をもとに、自動車産業の主役として自動運転...

自動運転バス・シャトルの車種一覧(2022年最新版)

自動運転技術の実用化が世界で加速している。タクシーやデリバリーなどさまざまな用途に向けた開発が進められているが、早くから実用化が進んでいるのがバスやシャトルサービスだ。 この記事では、2022年3月現在で世界で開発が進められて...

自動運転が可能な車種一覧(2022年最新版)

自家用車における「自動運転レベル3」の搭載をはじめ、レベル4移動サービスの実用化も世界各地で進展している。市販車ベースのものからオリジナル車両まで多彩なモデルが出揃い始めた。 この記事では、実証を含む自動運転サービスなどに用いられてい...

自動運転業界、「超大手×スタートアップ」の連携加速

実用化に向けた取り組みが加速の一途をたどる自動運転業界。新進気鋭のスタートアップが次々と頭角を現し、業界地図を毎年のように書き換え続けている。 自動車業界の主役である大手自動車メーカーをはじめ、テクノロジー企業やEC・小売など...

テスラに徹底抗戦!中国BYD、百度の自動運転技術で弱点補完

中国における2021年のEV(電気自動車)販売台数ランキングでは、米テスラが中国勢に混じって3位にランクインしている。トップ10で米国勢はテスラのみだが、世界的にテスラの存在感が急速に高まる中、中国の地場系メーカーは戦々恐々としてい...

たった870万円!中国アポロの自動運転タクシー、製造コスト判明

中国IT大手のBaidu(百度)が主導する、オープンソフトウェアプラットフォームを活用した自動運転開発プロジェクト「アポロ計画」が止まらない。参画企業はもとより、百度自身も自動運転車の開発・生産活動を本格化させ、次々と自動運転車を生...

ミシガン大学の自動運転シティに(Google Earthで)行ってみた

ミシガン州には自動運転のための実証都市「Mcity」があるが、実際はどういった施設なのだろう。Google Earthを駆使してMcityをバーチャルで訪れてみたら、さまざまな発見があった。 McityはGoogleストリート...

百度の自動運転タクシー、もう7都市目!日本なら東名阪札仙広福

中国のIT大手・百度(Baidu)は2022年3月1日までに、中国・深センの南山区で自動運転タクシー「Apollo Go」の試験運用を開始したことを発表した。 百度のロボットタクシーの展開は、北京、上海、広州、重慶、長沙、滄州...