運賃

ライドシェア、解禁5年でオワコン化か 安価な自動運転タクシーの普及で

ライドシェア解禁をめぐる議論が熱を帯びている。タクシー事業者の介在なく一般ドライバーが移動サービスを提供できるようにすべきか否か……が主な争点で、この論点の決着は長期化する恐れもある。 その動向に注目したいところだが、長い目で...

タクシーアプリGOの迎車料金・手配料金は?キャンセル料はかかる?

国内ナンバーワンのタクシー配車アプリと言えば「GO(ゴー)」だ。日本交通とDeNAが出資するモビリティテクノロジー企業GOが運営しており、全国規模でサービスを展開している。 GOの利用ではどんな料金が加算されるのだろう...

タクシーに「1円」で乗れる日がやってくる

自動運転タクシーはすでにアメリカや中国で一部商用展開されている。2018年12月にGoogle系Waymoが実用化して以降、アメリカではGM Cruise、中国ではネット検索大手・百度などが、Waymoの背中を追うようにサービスの実...

MaaSの課題・問題点(2022年最新版)

移動に利便性をもたらすMaaS(Mobility as a Service)関連の取り組みが各地で進められている。国内全エリアを網羅するところまで普及するかは不明だが、もはや特段珍しい存在ではなくなった印象だ。 近い将来、移動...

自動運転移動サービスが驚きの「運賃ゼロ」!「物販」導入で

関西電力の子会社であるゲキダンイイノ合同会社(本社:大阪府大阪市/代表:嶋田悠介)は、自動走行モビリティ「iino(イイノ)」の実証実験を2022年11月17〜20日に神戸ウォーターフロントで実施する。 実証は神戸ウォーターフ...

空飛ぶタクシー、運賃は「1キロ270円」!?米企業が目標値発表

空飛ぶタクシーの運賃がいくらぐらいになるか、予想したことはあるだろうか。ある米企業がこのほど、同社の新開発の空飛ぶクルマを使ったタクシーサービスの運賃の「価格目標」を掲げたので、その数字を紹介していきたい。 ■「1人1マイ...

マスク氏「2024年までに自動運転タクシー」 運賃はバス並み

Twitterを買収する方針を明らかにし、また世界から注目を集めているイーロン・マスク氏。Twitterの買収に関してももちろんニュース性は十分だが、本業ともいえるEV事業、すなわちテスラに関する動きも、依然として注目の的だ。 ...

免許返納問題、自動運転タクシーが課題を解消

高齢になると認知能力や判断能力が低下するのは仕方がないことだ。高齢になった自分が事故を起こさないよう、免許返納の決断をする人も増えてきた。一方、免許返納に消極的な人もいる。 さまざまな事情で免許を返納しにくい人がいるのも分かる...

事前マッチングの「タクシー相乗り」解禁!距離に応じた運賃負担を想定

配車アプリなどを通じたタクシーの相乗りサービスが、2021年11月1日に解禁された。目的地の近い利用者同士を運送開始前にマッチングさせ、相乗りさせることが可能となった。運賃の按分(あんぶん)ルールの例も国土交通省によって示された。 ...

DeNAのタクシー配車アプリMOV、事前確定運賃のサービス開始

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋⾕区/代表取締役社長:守安功)=DeNA=は2019年11月28日までに、自社展開するタクシー配車アプリ「MOV」において、「事前確定運賃」のサービス提供を開始すると発表した。 事前確定運賃の...