計画

自動運転、2024年度に一般道20カ所以上で通年運行 政府目標

日本政府は2024年度、一般道20カ所以上で自動運転サービスを通年運行させる計画だ。 自動運転については、2025年度をめどに50カ所程度、2027年度には100カ所以上実現するという目標がある。国土交通省が2023年10月に...

自動運転、日本政府の実現目標は?(2023年最新版) セグメント別に解説

社会実装に向けた取り組みが加速し続ける自動運転技術。国は2015年度から「官民ITS構想・ロードマップ」を策定し、早期実現に向けた計画のもと官民協働体制で事業を推し進めている。 2023年時点で、計画の進捗状況はどうなっているのか。こ...

自動運転、自動車メーカー等への調査から見えた実現シナリオ

警察庁所管の「令和4年度協調型自動運転システムへの情報提供等の在り方に関する検討会」の中で、興味深い検討結果がまとめられている。 自動車メーカーなどを対象に実施したヒアリングと政府計画をもとに、自動運転の普及状況に関する9つの...

韓国、自動運転レベル4の商用化期限「2027年」と設定

韓国政府はこのほど、2027年までに「自動運転レベル4」の自動運転車を商用化し、自動運転機能を備えた新車の普及率を2035年に50%以上にする計画を発表した。韓国の日刊紙ハンギョレが報じた。 レベル4の商用化期限を政府自らが設...

トヨタが自動運転の「寿司屋」!?次世代アリーナで展開か

トヨタ自動車とトヨタ不動産、トヨタアルバルク東京の3社が、次世代アリーナを建設し、「TOKYO A-ARENA PROJECT」を推進することをこのほど発表した。 このアリーナは東京都江東区青海にあったトヨタのショールーム施設...

自動運転の7つのKPI、国が達成度を公表!「自家用車レベル3」などクリア

内閣に設置されている「高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部・官民データ活用推進戦略会議」は2021年6月、「官民ITS構想・ロードマップ」におけるこれまでの取り組みと今後のITS構想の考え方に関する資料を公表した。 この資料では、...

ANA、大阪万博で「エアタクシー」提供へ 自律飛行を想定

全日本空輸(ANA)が2025年の大阪万博で「空飛ぶクルマ」による旅客輸送サービスの提供を目指していることが、2020年3月24日までに明らかになった。エアタクシー(空飛ぶタクシー)サービスの実現に向けた動きとして、注目が集まりそう...

日本の首都高、「自動運転」に対応へ 計画案が判明

日本の首都高を運営する首都高速道路会社が、自動運転に対応した道路空間の整備に乗り出す計画であることが、2020年3月21日までに公開された資料で明らかになった。自家用車などの自動運転に必要となる環境整備を推進することが目的。 ...

【資料解説】「2040年、道路の景色が変わる」国交省ビジョン案、自動運転やM...

国土交通省が設置する社会資本整備審議会道路分科会の基本政策部会において、将来あるべき道路環境の整備に向けた議論が進められている。2020年2月に開かれた会議では、スマートシティ・自動運転社会を見据えた道路法の改正案や新ビジョン「20...

MaaS、読んでおきたい論文11選

各地で実証が進むMaaS(Mobility as a Service)。さまざまな移動手段を統合し、効率的で利便性の高い交通サービスの提供は、都市・地方の区別なく地域が抱える交通課題を解決する方策として大きな期待が持たれている。 ...