解説

ライドシェア、「運転手争奪戦」が過熱!Uberが5,000円バラマキも?

自家用車活用事業、通称日本版ライドシェアのドライバー争奪戦が過熱しているようだ。新規参入組のnewmoは2025年度末までにタクシードライバー含め1万人のドライバー確保を目標に掲げている。 一方、プラットフォーマーのUber ...

数字含むロゴ、速度標識との「誤認識の恐れ」で全面禁止へ?

ホンダセンシングなど自動車の運転支援システムが、企業のロゴを道路標識と誤認識する事例が相次いでいる。100円ショップのロゴ内に描かれた「100」の数字を「時速100キロ制限」と勘違いしたり、天下一品のロゴ内にある漢数字の「一」を「進...

ライドシェアとは?(2024年最新版)日本の解禁状況や参入企業まとめ

菅義偉元首相らの発言を機に導入に向けた議論が一気に進み始めた有償ライドシェア。急転直下で「日本型ライドシェア」導入に向けた方針が固められ、2024年4月に新制度となる「自家用車活用事業」が開始された。 今後は本格ライドシェア導...

米Uber、ユーロ圏で「海」に進出!水上ライドサービスを提供

ライドシェアの世界大手と言えば、米Uber Technologiesだ。ライドシェアというワードを定着させた次世代モビリティサービスのこの急成長企業が、ユーロ圏で「水上」でもサービスを展開し、ビジネスの幅を拡大している。 ...

AIのイメージ「何となく怖い」33%!サービス普及の「致命的な足かせ」に?

AI(人工知能)について「どんなイメージ」かを聞いた世論調査で、「なんとなくこわい」と回答した人が全体の33.2%に上ることが、このほど明らかになった。AIに対するこうしたイメージが、AI技術を活用したサービスの普及に向け、致命的な...

老舗タクシー会社、「ライドシェアの運営権」狙いで買収標的に?

新進気鋭のモビリティテクノロジー企業newmo(ニューモ)が新たな動きを見せている。同社はタクシー事業、そしてライドシェア事業の本格展開を見据え、大阪府内のタクシー事業者未来都を買収した。自らタクシー事業に参入したのだ。 現在...

テスラの完全自動運転ソフト、事故率が「一般車両の7分の1」に

テスラの運転支援システム「FSD」(Full Self-Driving)の事故率が、2023年は100万マイル当たり0.21件で、2022年の0.31件から32%減少していたことが、テスラが公開した「2023 Impact Repo...

100均のCanDoのロゴ、ホンダ車が「100キロ制限」と誤認識か

ホンダセンシングの標識認識機能に新たな誤認識疑惑が浮上した。100均大手キャンドゥだ。同社の企業ロゴに付された「100均」を示すロゴを時速100キロの速度制限標識と認識してしまうようだ。 ホンダセンシングをはじめ、各社のADA...

トヨタ系MONET、売上微増止まり!MaaS事業で苦戦?赤字も増加

トヨタ自動車とソフトバンクの共同出資会社であるMONET Technologies株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役:清水繁宏)=モネ・テクノロジーズ=の第6期(2023年4月〜2024年3月)決算公告が、このほど官報に掲載...

【2024/7最新】Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナー、始...

人気のフードデリバリーサービスの代表格といえばUber Eats(ウーバーイーツ)。最近はそのUber Eats の配達パートナーになり、本業や副業としてお金を稼ぐ人も増えてきた。 この記事では、Uber Ea...