自家用車活用事業

ライドシェアとは?(2024年最新版)日本の解禁状況や参入企業一覧

菅義偉元首相らの発言を機に導入に向けた議論が一気に進み始めた有償ライドシェア。急転直下で「日本型ライドシェア」導入に向けた方針が固められ、2024年4月に新制度となる「自家用車活用事業」が開始された。 今後は本格ライドシェア導...

ライドシェアで自民党分裂!タクシー会社限定に幹事長「おかしい」

与党・自民党の幹事長である茂木敏充氏が、自家用車活用事業、いわゆる日本型ライドシェア事業に噛みついた。 ライドシェアの部分的解禁に踏み切った自民党だが、茂木氏はネットメディアで「(運行可能なのがタクシー会社限定は)おかしいと思...

ライドシェア「性犯罪歴の確認を」 法整備へ有識者が意見

内閣府のワーキンググループにおいて、ライドシェアの法律制度に関し、性犯罪歴を確認する制度とすべきとの意見が出ていたことが、2024年5月17日までに判明した。 意見が出たのは、5月15日に開催された規制改革推進会議における「地...

岸田首相、支持率50%回復の秘策は「ライドシェア全面解禁」!?

岸田文雄首相は2024年4月22日に開催されたデジタル行財政改革会議において、タクシー事業者以外の者が行うライドシェア事業に関する法制度について、論点整理を行い、5月中に規制改革推進会議に報告するよう指示した。ライドシェアの全面解禁...

ライドシェアの法律・制度の世界動向(2024年最新版)

2024年4月に日本版ライドシェア「自家用車活用事業」が始まり、条件付きながら日本国内でもライドシェアサービスがスタートした。現在は本格版ライドシェア導入に向けた議論が進められているが、業界団体の猛反発は必至の状況で、どのような結論...

ライドシェア運転手、まさかの「シフト制」!それで10万人も確保可能?

タクシー事業者に雇用されて自家用車で客を有償で運ぶ「日本版ライドシェア」が解禁された。運行エリアや運行時間が限定され、かつ、働くドライバーはタクシー事業者に雇用されることから、基本的には事前に働く時間が決まる「シフト制」で働く格好と...

タクシー会社「倒産ドミノ」か ライドシェア、全面解禁の検討へ

帝国データバンクによると、2023年度に倒産したタクシー事業者は33件となり、過去10年で最多を記録したという。 コロナ禍を乗り越え各社の業績は上向きに感じられるが、何らかのひずみが生じているのだろうか。苦しい台所事情が想定さ...

ライドシェア、料金変動制で「運賃最大3倍」案 業界団体、国交省に意見

2024年度に開始予定の自家用車活用事業。後の本格ライドシェアにつながる事業として注目を集めているが、運賃をめぐりダイナミックプライシングを導入すべきかどうか――といった観点でも賛否が分かれているようだ。 意見公募ではダイナミ...

ライドシェア解禁、Uber Eatsとの「二刀流」で高収入は可能?

2024年4月スタート予定の自家用車活用事業(仮)に向け、タクシー事業者による一般ドライバーの求人が増加傾向にある。 タクシー事業者管理のもとサービスを提供する形式であり、一般ドライバー視点ではさまざまな制限が設けられるためド...