私有地

自動運転の難易度、6つの評価軸(2022年最新版)

自動運転レベル3の解禁や限定領域における自動運転レベル4の導入が、国内でも2020年に始まろうとしている。自動運転元年がまもなく到来するのだ。 レベル3は一般的に高速道路をはじめとした自動車専用道路において、またレベル4は道の...

「自動運転×農業」が加速!クボタとNVIDIA、農業のスマート化へ協業

トラクター世界大手クボタが米半導体大手NVIDIAと協業し、NVIDIAの「エンドツーエンドAIプラットフォーム」を活用し、農業機械の「スマート化」の取り組みを加速させる。 クボタは国内のほかの農機メーカーに先駆けて、スマート...

自動運転技術、テーマパークでは以前から身近!”私有地”...

夏休みにテーマパークなどに出掛けた人やこれから出掛ける人も多いことであろう。そんなテーマパークで、以前から自動運転カートが身近なアトラクションとして活躍していることをご存じだろうか。 公道での自動運転には法律上の制約があるが、...

救え農業界!自律走行ロボ開発のレグミン、1.3億円の追加調達!自動運転技術を...

自律走行型ロボット開発を手掛ける株式会社レグミン(本社:東京都中央区/代表取締役:成勢卓裕)は2019年12月23日までに、約1億3000万円の第三者割当増資を実施したと発表した。同社は過去にも第三者割当増資を実施しており、今回の資...

自動運転シリーズ第3弾は「自動直進」可能な田植機 ヤンマーアグリが発表、スマ...

ヤンマーアグリ株式会社(本社:大阪府大阪市/社長:北岡裕章)は、乗用田植機「YR-Dシリーズ」に自動直進機能を搭載した直進アシスト田植機「YR6D/8D」を2020年1月1日に発売する。ロボットトラクターやオートトラクター、オート田...

米NYで初の自動運転商用サービス MITスピンアウト企業のOptimus R...

米マサチューセッツ工科大学(MIT)からのスピンアウト企業として知られる自動運転スタートアップの米Optimus Ride(オプティマス・ライド)社は、ニューヨーク州ブルックリンの工業地帯の私有地にて自動運転を活用したシャトルバスサ...