神奈川県

自律走行のAI清掃ロボ、東京都に続き神奈川県でも!新型コロナ対策で

2019年末から世界的な感染拡大が進んだ新型コロナウイルス。こうした事態が広がったことで導入が広がっているあるロボットがある。自律走行の清掃ロボだ。自治体も「無人」の有用性に気付き、各地で利用が始まりつつある。 最近では神奈川...

「AIバス運行×地域」の連携!全国初の実証、横須賀市で

AI(人工知能)を活用して効率的にバスを運行させる——。そんな仕組みがいま注目を浴びている。神奈川県横須賀市では2019年12月、こうした仕組みを実装した「AI運行バス」を地域の商業施設などと連携して走行させる実証実験が、全国で初め...

バス停の待ち人数に合わせ、自動運転バスの出発時間を最適化

バスの待ち人数などをセンサーで把握して出発時間を最適化し、さらに運行は自動運転バスが担う——。こうした仕組みを導入した実証実験が、神奈川県相模原市にある複合レジャー施設「さがみ湖リゾート・プレジャーフォレスト」で2019年11月25...

自動運転ベンチャーZMPの物流支援ロボ「CarriRo」、神奈川県で採択

自動運転ベンチャーの株式会社ZMP(本社:東京都文京区/代表取締役社長:谷口恒)は2019年11月13日までに、同社が開発する自動運転機能搭載の物流支援ロボット「CarriRo」が、神奈川県が推進する「ロボット共生推進プラン」に採択...

日本初!大型バスの営業走行で自動運転 無人化の潮流、国内外で

神奈川県横浜市と相鉄バス株式会社(本社:横浜市)と群馬大学の3者は2019年8月27日までに、自動運転技術による持続可能なモビリティサービスの実現を目指し、「路線バス自動運転プロジェクト」を立ち上げることを発表した。 プロジェ...

【比較】最強のタクシー配車アプリは?横浜で実験 JapanTaxi、DiDi...

新たなタクシー配車アプリが続々とリリースされ始めている。国内最大手のJapanTaxiの一強体制を崩そうと、海外勢のDiDiやウーバー、国産アプリのMOV(DeNA)やS.RIDE(ソニー系)などが息巻いている。後部座席に設置した車...

【インタビュー】日産×DeNA、自動運転タクシー「Easy Ride」の進化...

株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)と日産自動車がタッグを組んで技術開発とサービス開発に取り組んでいる「Easy Ride(イージーライド)」は、自動運転車両を使った交通サービスの名称だ。 両社は「2020年代早期」を本格的...

MONET Technologies、横浜でオンデマンドバスの実証実験

ソフトバンクとトヨタの共同出資会社のMONET Technologies(モネ・テクノロジーズ)株式会社は2019年3月4日、同社の配車プラットフォームを搭載したオンデマンドバスの実証実験を神奈川県横浜市で3月19日から26日にかけて実施す...

自動運転実証の誘致に意欲的な自治体10選

自動運転レベルの高度化に伴い、全国各地で自動運転の実証実験が進められている。企業や研究機関などが熱を入れる一方、受け入れる自治体側には幾分温度差がありそうだ。 地域課題の解決や次世代産業の促進に向け、受け入れに積極的な自治体を...

「砂嵐ノイズ除去技術」も凄い埼玉工業大学、自動運転車の試乗デモ担当

埼玉工業大学(本部:埼玉県深谷市/学長:内山俊一)と同大学発ベンチャーの株式会社フィールドオート(本社:埼玉県深谷市/社長:渡部大志)は2019年3月1日までに、神奈川県横須賀市で開催された「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ...