照明

自動運転レベル4の車内、想像つく?トヨタ紡織、CES2022で提案

「自動運転レベル4」(高度運転自動化)とは、特定エリアにおいて完全自動運転が可能な水準を指す。そのため特定エリア内だけを走行する車両であれば、ハンドルやブレーキ類が不要になり、運転席という概念がなくなるため、車室デザインの自由度が大幅に増す...

車内照明市場、2026年に57億ドル規模!自動運転車の裾野産業にビジネスチャ...

世界の自動車用インテリア照明市場は、2026年までに57億6,160万ドルに達すると予想され、2020年から2026年のCAGR(年平均成長率)は6.0%となる見込みのようだ。市場調査レポートプロバイダーのReport Oceanが...

「自動運転の目」LiDAR内蔵のランプ開発へ 小糸製作所、米Ceptonの株...

自動車用照明製造大手の株式会社小糸製作所(本社:東京都港区/取締役社長:三原 弘志)は2020年2月5日、「自動運転の目」と呼ばれるセンサーのLiDAR(ライダー)を製造・販売する米Cepton Technologies(セプトン・...

車で踏むだけで発電…興味深い竹中工務店の新技術 将来は自動運転向けの道路イン...

竹中工務店が発表したある技術が興味深い。2019年6月24日までの発表によれば、車両での走行が可能な振動発電ユニットを全国で初めて開発し、超省電力LED照明と組み合わせた道路埋込型の「車両誘導システム」を既に実際の商業施設で初導入したという...

欧米自動車大手FCA、自動運転検証施設にトンネル付き高速道 グーグル系ウェイ...

欧米自動車大手のフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は2018年9月9日までに、自動運転や運転支援の技術開発にむけた検証施設に3000万ドル(約33億円)を投資することを発表し、施設内にトンネルも完備した高速道路を設...