測位技術 に関する記事

テーマパーク跡地がAI自動運転テストに最適なワケ

地域産業の振興などを目的に自動運転車の走行試験を誘致する動きが、北海道で広がっている。 四季に富んだ気候条件と広大な土地を有する北海道は、自動運転に関するワンストップ窓口を設置して積極的な誘致活動を展開しており、自動車メーカー...

落下物情報を後続車に一斉送信 自動運転時代のコネクテッドカー見据え実証実験

電気通信事業者のKDDI株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:髙橋誠)など4社は2018年4月16日、車両が検知した落下物などの道路情報を、後続のコネクテッドカーにLTE(高速携帯電話通信)を活用して一斉配信する実証実験に...

マルチバンドGNSS測位用ICで測位誤差を最小限に STマイクロエレクトロニ...

半導体の製造・販売を手掛けるSTマイクロエレクトロニクス社(本社・スイス)はこのほど、高精度な車載ナビシステムを実現するための新たな「GNSS測位用IC」を発表した。 このGNSS測位用ICは、マルチバンドとマルチ衛星を併用す...

周辺環境を把握するLiDARの信頼性向上 自動運転向け技術で東芝デバイス&ス...

東芝グループの東芝デバイス&ストレージ株式会社(本社・東京都港区/代表取締役・福地浩志)は4月16日、自動運転実現に必要な技術の一つである「LiDAR」(レーザーレーダー)について、長距離間での測定においてデータの信頼性を高める計測...

自動運転車、英語で何と呼ぶ? 技術用語やキーワードの英語表記も紹介

自動運転技術は日本を含む世界各国で開発競争が繰り広げられている。自動運転レベルはアメリカの自動車技術会(SAE)の基準が世界標準になっていることもあり、日本のニュースでもカタカナ英語で技術用語やキーワードが伝えられることも多い。この...

自動運転レベル0〜5まで、6段階の技術到達度をまとめて解説

自動運転レベルは、人(運転手)と車(システム)が担う運転動作の比率や技術到達度、走行可能エリアの限定度合いなどによって、レベル0からレベル5の6段階に分類されている。 自動運転レベルは当初、「米運輸省道路交通安全局」(NHTS...