決済

「運賃で二重決済」「通信で300MB」 MaaSアプリに不満感

トヨタが展開するMaaSアプリ「my route」のサービス提供エリアが9県に拡大されたようだ。対応エリアは今後も順次拡大予定で、47都道府県を網羅するのもそう遠い未来の話ではなないのかもしれない。 MaaSアプリはmy ro...

トヨタWoven City、実証対象の「12分野」とは?当然、自動運転も

トヨタ自動車が静岡県裾野市で建設中のコネクテッドシティ「Woven City(ウーブン・シティ)」。あらゆるモノやサービスがつながる実証都市として2021年から本格的な工事が開始され、将来はトヨタの従業員をはじめ実際に人が住む街とな...

デジタル通貨は「MaaS」革命の立役者になれるか

長野県松本市は、経済対策の一環として2021年12月から電子クーポン「まつもとコイン」を導入する。クーポンは「まつもと冬割キャンペーン」の参加者に配布され、市内の飲食店や観光施設など約200店舗で利用できる。利用されたクーポンは二次...

アフターサービスの職種も!自動運転&MaaS、気になる求人4選【2021年1...

自動運転やMaaSなど次世代技術や次世代サービスの事業は増えており、有望市場として注目されている。人員強化に向けた採用活動に力を入れる企業も多い。 自動運転ラボ恒例の「気になる求人」記事の2021年10月版では、各社が公開して...

決済アプリ「TOYOTA Wallet」がスーパーアプリ化!「大阪王将」が第...

トヨタのスマートフォン向け決済アプリ「TOYOTA Wallet」が進化した。アプリ内で「ミニアプリ」を展開し、さまざまなサービスやコンテンツを一元的に利用できるようにした。 つまり、TOYOTA Walletがさまざまなサー...

自動運転で自宅前に!「トヨタのコンビニ♪」が便利すぎる未来ニッポン

自動運転の社会実装が着々と進んでいる。多くは移動サービス向けの自動運転タクシーやバスだが、物流をはじめ警備や清掃、小売りなど、移動とさまざまな業種・サービスを結び付けた多目的な活用に期待が寄せられる。 その1つが無人で移動する...

確実にやってくる移動型店舗ブーム!自動運転×ビッグデータで収益最大化

移動や物流用途で実用化に向けた動きが加速する自動運転。法整備が整い次第、実用実証は一気に全国に広がる可能性が高い。わずか数年以内の未来だ。 一方、自動運転技術の多用途化を目指す動きもある。その1つが小売りをはじめとした移動店舗...

千葉のニュータウンで「顔決済」のMaaS実証始まる!コミュニティバスで

経路検索大手のジョルダンと街づくり企業の山万は2021年5月19日までに、路線バスでの「顔認証乗車システム」の実証実験を開始した。 実証実験は、千葉県佐倉市のニュータウンで2020年11月に運行開始した「ユーカリが丘コミュニテ...

自動運転とは?技術や開発企業、法律など徹底まとめ!

自動運転タクシーの商用サービス提供がアメリカで既に始まり、セーフティドライバーすら乗らないスタイルでの運行も、すでに珍しくない状況となっている。日本国内においても技術開発の高度化とともに法整備も進み、2020年4月には自動運転レベル...

タクシー配車アプリのクーポン&コード入手方法まとめ!Uber、JapanTa...

スマートフォンの浸透とともに市民権を獲得した感のあるタクシー配車アプリ。利用したいときに利用した場所へ気軽にタクシーを配車してもらえるサービスで、アプリ利用者数も増加の一途をたどっている。 そんな便利なタクシー配車アプリを、さ...