業界動向 に関する記事

トヨタ自動車、自動運転とAIの研究拠点を中国に開設か

トヨタ自動車(本社:愛知県豊田市/代表取締役社長:豊田章男)が、自動運転や人工知能(AI)についての研究開発を担う拠点を、中国の北京市などに設置する方針のようだ。日刊工業新聞が2019年2月15日に報じた。 報道によれば、中国...

トヨタ子会社TRI-AD、自動運転向けマップのデータを社外からも募集か

トヨタ自動車の自動運転開発会社「トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI-AD)」が、自動運転のために必要なデジタル高精度地図のデータを広く収集できるよう、データの収集基盤を社外向けに公開する方針...

自動運転の覇権争いは三つ巴…各陣営の企業まとめ 提携・アライアンスの現状は?...

ルノー・日産・三菱アライアンスが米グーグルの自動運転開発部門・ウェイモと協業に向けた話し合いを進めている旨の報が流れている。自動運転タクシーの実現など自動運転分野で存在感を増すウェイモと、自動車販売台数世界2位を誇る自動車連合が手を...

自動運転関連求人、「未経験者歓迎」が増加 2019年1月は3.8%増の1万1...

自動運転専門メディア「自動運転ラボ」はこのほど、日本の主要6転職サイトにおける自動運転関連の登録求人数の推移に関する最新データを発表した。発表によれば、2019年1月末時点の求人数は前月比3.8%増の1万1065件だった。 ...

経済同友会が改革案 自動運転一般化までの数十年に物流業界で行われるべき改革と...

経済同友会(所在地:東京都千代田区/代表理事:小林喜光)は2019年2月8日までに「経済成長と競争力強化に資する物流改革」を発表し、物流と自動運転の関わりについて報告した。一般向け自動運転の普及には数十年単位の時間がかかるとし、物流...

自動運転トラックの開発企業やメリットまとめ

インターネット通販の増加などを背景に、深刻なドライバー不足に悩まされている物流業界。国土交通省の調査によると、2017年度のトラック宅配便取扱個数は42億1200万個にのぼるという。取扱個数は今後も右肩上がりが続きそうで、ドライバー...

日産・ルノー・三菱自、自動運転開発でグーグル陣営に合流か

自動運転開発をリードする米グーグルの陣営に、日産とルノー、三菱自動車の3社連合が合流する見込みのようだ。日本経済新聞が2019年2月5日に報じた。 グーグル陣営は自動運転開発部門のウェイモが2018年12月に自動運転タクシーの...

DeNA、タクシー後部座席の動画広告配信をスタート 1万台で配信

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区:代表取締役社⻑兼CEO:守安功)=DeNA=は2019年2月4日、タクシーの車内に設置したタブレット端末に動画広告を配信するサービスの提供を同日から正式にスタートしたと発表した。 ...

クボタが農機で展開する自動運転戦略まとめ 技術やラインナップは?

技術の進展とともに拡大を続ける自動運転分野。その波は農機具メーカーにも及んでおり、スマート化を進める農業分野において非常に重要な役割を担っている。 大手農業機械メーカーの株式会社クボタ(本社:大阪府大阪市/代表取締役社長:木股...

Abema Primeで自動運転特集 1月31日21〜23時の番組内で AI...

インターネットテレビ「Abema(アベマ)TV」のニュースチャンネル「Abema Prime(アベマプライム)」において、2019年1月31日(木)午後9時から午後11時までの2時間の番組内で、いまが旬の「自動運転」をテーマにした特...