業界動向 に関する記事

グーグル系ウェイモ、アリゾナ州で公共交通Valley Metroと提携 AI...

自動運転開発を加速させているグーグル系ウェイモが、米アリゾナ州フェニックス地区の公共交通Valley Metroと提携を結んだことが、2018年8月19日までに明らかになった。ウェイモ社がウェブ投稿サービス「Medium」で明らかに...

アメリカ消費者、84%が自動運転車への「手動」機能の搭載希望 自動運転レベル...

自動運転にも手動運転の機能を——。 米自動車関連企業のコックス・オートモーティブ社は2018年8月19日までに、自動運転に関してアメリカ国内の消費者に行ったアンケート調査の結果を発表した。それによると、自動運転車にも手動運転が...

自動運転車、お盆に大活躍 AI技術で渋滞軽減に期待 求められるインフラや法整...

お盆こそ自動運転車の出番だ。帰省ラッシュで渋滞しても車内で自由に過ごすことができるし、そもそも自動運転車の普及で渋滞が軽減されると言われている。20年後、いや10年後には既に毎年恒例の渋滞の風景が変わってくるかもしれない。 世...

【最新版】自動運転レベル3の定義や導入状況は?日本・世界の現状まとめ

日進月歩で進化を続ける自動運転技術。自動運転レベル2(部分運転自動化)搭載車が続々と市場に投入される中、2017年にドイツの自動車メーカー「アウディ」が自動運転レベル3(条件付運転自動化)に該当するシステムを初めて量産車に搭載し、ま...

自動運転車の市場規模、2030年までの予測まとめ LiDARなどのセンサー、...

自動車業界に革命を起こすと言われる次世代技術「自動運転」。既に日本を含む各国では公道での実証実験も行われており、一部では限定されたエリアでの導入も進んでいる。国単位での法整備も進み、実用化に向けた環境整備も整ってきた。 また自...

トヨタ第二の創業(4)虎視眈々…全世界に広がる研究開発拠点 トヨタ自動車特集...

トヨタ自動車の先進技術を支えるR&D(研究開発)拠点。世界各地にさまざまなR&D拠点が設けられているが、その中でも自動運転技術に携わる拠点は日本国内に2カ所、北米に5カ所、欧州に1カ所ある。 それぞれの拠点がど...

小田急電鉄とヴァル研究所、自動運転バスとスマホアプリ「Yahoo!乗換案内」...

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区/取締役社長:星野晃司)は2018年8月14日、乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を開発している株式会社ヴァル研究所(本社:東京都杉並区/代表取締役:太田信夫)と共同で、移動とサービスを組み合わせたMa...

トヨタ第二の創業(3)新生トヨタで「つながる車」 AIで提携網拡大 トヨタ自...

100年に1度の大変革期を迎えているトヨタ自動車。連載1回目は豊田章男社長の戦略に重点を置き、連載2回目では戦略の重点要素であるTPS(トヨタ生産方式)や研究開発について掲載してきた。これらを踏まえ、連載3回目では自動運転に関する近...

トヨタ第二の創業(2)初心に返る 研究に巨額予算、原価低減が鍵 トヨタ自動車...

100年に1度の大変革期に立ち向かうトヨタ自動車。技術開発への投資に力を注ぐ一方で、肥大化するコストや無駄を抑えるため「トヨタの真骨頂はTPS(トヨタ生産方式)と原価低減」と足元を見つめ直し、初心に帰る姿勢も忘れていない。豊田章男社...

JR東日本、山手線で自動運転導入へ 人手不足解消へ検討チーム発足 ゆりかもめ...

JR東日本が山手線などで業務員などを乗せないで運行する「自動運転方式」を検討していることが、2018年8月13日までに分かった。読売新聞が報じた。 いつからこの新方式を導入するかは明らかになっていないが、報道などによると、当初...