地方

青田買いの好機?自動運転とコロナが地方不動産の価値を変える

今、都市郊外や地方の不動産に異変が起こっているようだ。新型コロナウイルスの影響で3密回避やリモートワークが推奨され、過密気味の大都市を敬遠して郊外や地方を志向する動きが顕在化し出したのだ。 こうした都市から地方・郊外への流れは...

MaaSとは?2020年代に実用化!意味や仕組みまとめ

交通業界に吹き荒れるMaaS旋風は、2020年に入ってなお勢力を強めているようだ。各地で自治体主導の実証や民間企業による実用化が進むなど、自動車業界のみならず、交通サービス提供事業者全体を巻き込み大きな話題となっている。 Ma...

【お知らせ】下山哲平のインタビュー記事「コンタクトレス配送を実現する自動運転...

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平へのインタビュー記事が、東京電力やKADOKAWAなどが運営するWEBメディア「EMIRA」にて公開されましたので、お知らせいたします。 EM...

とどのつまり、国は地方交通の課題をどう解決するのか?MaaSや自動運転、AI...

日本では少子高齢化による人口減少が本格化し、高齢者の運転免許返納も年々増加している。そのため地方では運転者不足が深刻化し、乗合バス事業の収支も赤字状態で公共交通の維持が困難となっている。こうした状況を受け、国や地方自治体はこうした課...

MaaSの3類型「都市版」「地方版」「観光型」、それぞれのメリットは?

今、まちの住みやすさに注目が集まっている。東洋経済新報社が毎年発表している「住みよさランキング」を見たことがある方も多いと思うが、自分の住むまちが上位にランキングされると、無性に喜ばしく感じる。 それと同時に頭に浮かぶのが、「...

【インタビュー】安い手数料、我々は「タクシー会社目線」 ソニー系配車アプリ「...

2019年4月16日、東京都内で新たなタクシー配車アプリ「S.RIDE(エスライド)」がリリースされた。運営するのは2018年に東京のタクシー事業者5社とソニー、ソニーペイメントサービスがタッグを組んで共同で設立した「みんなのタクシ...

AI自動運転車両と物流ロボットが「置き食」で買い物弱者を救う

「富山の薬売り」という言葉をご存知だろうか。「置き薬」がたっぷり入った箱を自宅に設置して、使った分だけ代金をまとめて払うという販売方式である。病気やケガにあってもすぐに薬を使える利便性が大きなメリットで、日本では古くから利用されてい...

地域版Maasで地方都市の交通問題を解決 NECソリューションイノベータや田...

NECソリューションイノベータ株式会社(本社:東京都江東区/代表取締役社長:杉山清)と株式会社いーじー(本社:石川県小松市/代表:吉田直樹)、医療法人社団田谷会(所在地:石川県小松市/理事長:田谷正)は2019年2月10日までに、石...

鳥取県八頭町に自動運転レベル3のバス!SBドライブの協力で実証実験

鳥取県八頭町(町長:吉田英人)とソフトバンクグループの株式会社SBドライブ(本社:東京都港区/代表取締役社長兼CEO:佐治友基)は2019年3月23日から4月5日の期間、八頭町で自動運転バスの実証実験を行う。現在一般試乗の募集を行っ...

ウーバータクシー、2019年1月から仙台・福島・青森で展開 地場系事業者と提...

ライドシェア世界最大手のウーバー・テクノロジーズは、日本ではライドシェアではなくタクシー配車アプリの展開を主な事業に据えている。名古屋で既に配車アプリのサービスを提供しており、大阪でも2019年1月からサービス提供を開始すると既に発...