国土交通省

空飛ぶクルマとは?いつから乗れる?必要な技術は?

自動運転技術の進展により「陸」における移動革命が始まったが、「空」の移動革命に向けた取り組みも着実に前進している。eVTOL、いわゆる「空飛ぶクルマ」の開発が進む。 国内では、官民一体となって研究開発や実用化を見据えた法整備、...

「スバルが一般道で自動運転」の違和感 メディアの表現は適切?

SUBARU(スバル)が一般道における高度な自動運転レベル2技術の実用化を2020年代後半にも目指すことを明らかにしたようだ。複数のメディアが報じている。 高速道路などと異なり、交通環境が複雑な一般道でハンズオフ運転など高度な...

「自動運転レベル4」の法規要件の策定へ、国交省が2億円予算

国土交通省の2022年度予算概算要求概要がこのほど公表された。ADAS(先進運転支援システム)や自動運転関連予算は軒並み増額要求しており、技術の実用化と高度化の進展を背景に取り組みをますます加速させていく方針だ。 この記事では...

自動運転レベルとは?定義・呼称を徹底解説!市販車はレベル3、バスはレベル4に...

自動運転レベルは、運転の主体や自動運転の技術到達度、走行可能エリアなどによって、「レベル0」から「レベル5」の6段階に分類されている。2021年9月現在、レベル3の機能を搭載した市販車の販売はすでに始まっており、レベル4の自動運転シ...

VPSとは?自動運転における活用法は?

画像から現在位置を推定する「VPS」技術の活用に注目が集まっている。今のところAR(拡張現実)サービスにおける活用が主戦場となっているが、自車位置を特定する技術として自動運転分野への応用にも期待が高まっているようだ。 この記事...

位置特定の新技術「VPS」、自動運転向けに検証中!PLATEAUプロジェクト...

国土交通省はまちづくりのDX化を進めるため、3D都市モデルの整備・活用・オープンデータ化を「Project PLATEAU」において進めている。そして現在は「自動運転」などをテーマとした実証実験に取り組んでおり、その内容を2021年...

内容は三者三様!国交省「日本版MaaS推進事業」で12事業選定

国土交通省は2021年9月1日までに、2021年度の「日本版MaaS推進・支援事業」として12事業を選定したことを発表した。 内閣府・総務省・経済産業省・国交省が連携した「スマートシティ関連事業」の一事業として6〜7月に公募し、「スマ...

2021年度のスマートシティ関連事業、自動運転を絡めた取り組みも!

経済産業省は2021年8月30日、2021年度のスマートシティ関連事業として、62地域・74事業を選定したことを発表した。選定されたプロジェクトは官民連携で取り組みが進められる。 公募は2021年6月18日〜7月19日にかけて行われ、...

スマートモビリティチャレンジ、2021年度事業の選定結果は?

経済産業省と国土交通省が取り組む「スマートモビリティチャレンジ」の2021年度事業の選定エリア・事業者が決定した。 本年度は、「地域新MaaS創出推進事業」に14地域、「地域や業種をまたがるモビリティデータ利活用推進事業」に3事業者が...

小型無人機(ドローン等)の飛行レベルとは?航空法改正で「レベル4」が可能に

陸地で進む自動運転の実用化とともに、空における自動運転技術の利活用も進んでいる。2021年6月には、ドローンなどの無人航空機を有人地帯上空で補助者なし目視外飛行を実現するための制度整備として、航空法の改正案が成立・公布された。いわゆ...