価格

「自動運転車は高くて買えない」 独アウディの見解は?

各国で自動運転車の開発が急速に進む一方、安全面や機能などに対する懸念の声もある。自動運転車の実用化に向けては、自動運転に対する人々の理解を促し、社会受容性を高めていく必要がある。 そんな中で独アウディは、「自動運転車に対する通...

世界初「自動運転レベル4市販車」、中国・百度が発売へ

中国IT大手の百度(バイドゥ)は2022年6月15日までに、2022年末までに予約受け付けを開始する自動運転EV(電気自動車)のプロトタイプを公開した。 この車両はSUV(多目的スポーツ車)「ROBO-01」のプロトタイプで、...

LiDARとは?(2022年最新版) 読み方は?機能は?自動運転で活躍

自動運転技術の進展とともに、「自動運転の目」と呼ばれるLiDARの需要が急拡大している。市場調査会社の矢野経済研究所は、LiDARやレーザーの市場規模が2017年の約25億円から2030年には約4,959億円まで約200倍に膨らむと...

名言?迷言?自動運転、テスラのイーロン・マスクCEO発言5選

電気自動車(EV)大手の米テスラの最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏は、「前のめりな発言」で株式マーケットや世間を揺さぶることで知られる。 テスラが力を入れている自動運転分野でも、マスク氏は過去にさまざまな発言をし、...

自動運転への不安、「誤作動」が最多83.1% バス無人化に期待感

自動運転に不安を感じていることや自動運転技術を導入してほしい乗り物、などについて聞いたアンケート結果を、総合旅行サイトを展開する株式会社エアトリ(本社:東京都港区/代表取締役社長:柴田裕亮)が2020年4月5日までに発表した。 このア...

自動車の所有、「個人」から「法人」の時代へ 車中マネタイズの流れも

さまざまな移動サービスの登場やMaaS(Mobility as a Service)による利便性の向上などを背景に、徐々に自動車が「所有」するものから「利用」するものへと変化の兆しを見せている。 その象徴がカーシェアリングサー...

米Luminar、ソーダ缶サイズのLiDARを500ドルで発売 「自動運転の...

「自動運転の目」と呼ばれるLiDAR(ライダー)は、光技術を使って車両の周辺の状況を検知・認識するためのセンサーだ。自動運転車への搭載は必須とされているが、センサー自体の価格が高いことがネックで、自動運転車の市販化に向けては低価格化...

自動運転化による値上げで売れなくなっても儲かるテスラの構想

米電気自動車(EV)大手のイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)が2019年7月8日、Twitterで自動運転車の価格について「significantly(かなり)」に上がると発言し、波紋を呼んでいる。ただでさえ高いテスラ車、誰も...

コネクテッドカーのメリットとデメリットを総まとめ

コネクテッドサービスの普及が始まり、徐々に「つながるクルマ」が増えてきた。まだまだ産声を上げた段階であり、「常時つながるクルマ」というよりは「つながることができるようになったクルマ」レベルのサービスが中心だが、第5世代移動通信システ...

2人に1人「5年以内に自動運転を経験したい」 世界調査で判明

2人に1人は5年以内に自動運転を経験したいと考えている——。欧米やアジアなどの6カ国で行った自動運転に関する意識調査で、こんな結果が明らかになっている。 調査を実施したのは仏コンサルティング会社のキャップジェミニ・リサーチ・イ...