三井住友海上火災保険

三井住友海上、「AI最適運行・自動配車サービス」の実証に参画

三井住友海上火災保険株式会社(本社:東京都千代田区/取締役社長:原典之)は2019年11月5日までに、長野県伊那市における「AI最適運行・自動配車サービス(ドアツードア乗合タクシー)」の実証運行に参画することを発表した。 この...

低速モビリティでMaaS実現!ヤマハ発動機と三井住友海上などがタッグ

ヤマハ発動機と三井住友海上火災保険、リスク管理事業へのコンサルティングを手掛けるMS&ADインターリスク総研の3社は2019年10月28日、低速モビリティ(ランドカー)の実証実験や公道走行時のリスクマネジメントに関する協定の締結に合...

「大阪×MaaS」、その将来性は?大阪商工会議所が第2回例会を開催

大阪商工会議所が設置している「MaaS社会実装推進フォーラム」の第2回例会が、2019年8月30日(金)に開催される。MaaS関連調査の実施企業やMaaS事業を展開する企業による講演が行われ、MaaS領域の最新動向に迫る。 大...

Luupと三井住友海上、電動キックボードで保険制度を構築 実証実験で適用

電動マイクロモビリティのシェアリング事業を手掛ける株式会社Luup(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長兼CEO:岡井大輝)は2019年7月18日までに、三井住友海上火災保険株式会社とともに、電動キックボードに関する保険制度を構築した...

小田急電鉄と三井住友海上、「MaaS×保険」で協業

小田急電鉄株式会社は2019年5月15日、三井住友海上火災保険株式会社と「MaaS×保険」に関する協業の取り組みを開始することに合意したと発表した。 発表によれば、小田急電鉄が開発中のMaaSアプリの実証実験において、三井住友...

三井住友海上、CASEやMaaSへの対応強化で2つの新部署

三井住友海上火災保険株式会社(本社:東京都千代田区/取締役社長:原典之)は2019年2月6日までに、「CASE」「MaaS」に代表される自動車産業の変化への対応とビッグデータの分析・活用を目的とし、2つの部署を新設すると発表した。自...

26歳代表のMaaSスタートアップ、車中泊スポットシェア「Carstay」を...

MaaSスタートアップのCarstay株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役:宮下晃樹)は2019年1月30日、全国各地に点在する駐車場や空き地を車中泊・テント泊スポットとして旅行者に貸し出すシェアリングサービス「Carstay」...

GMOクラウド、車種問わず「つながるクルマ」化 IoTソリューションを開発 ...

クラウド・ホスティング事業やソリューション事業を手掛けるGMOクラウド株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:青山満)が、車種を問わずに車両を「つながるクルマ」化することを目指し、技術開発を進めている。 コネクテッド技術...

仏NAVYA社の自動運転EVバス、福島第一原発で実用化に向けリスク評価

自動車保険なども手掛ける三井住友海上火災保険株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:原典之)は2018年4月、福島第一原子力発電所構内での自動運転EV(電気自動車)バス実用化に向けて、リスクマネジメントに取り組むことを発...