ラストワンマイル

自動運転、Microsoftが認めた「東大発AIベンチャー」の正体

東大発ベンチャーのTRUST SMITH株式会社(本社:東京都文京区/代表取締役社長:大澤琢真)は2022年11月9日までに、米マイクロソフトが提供するスタートアップ支援プログラム「Microsoft for startups」に採...

【2022年10月の自動運転ラボ10大ニュース】モービルアイがIPO申請、業...

世界経済が混乱する中、自動運転業界も混迷を極めているようだ。モービルアイの上場申請発表といった明るいニュースとともに、アマゾンの宅配ロボット実証中止やLiDAR企業の破産申請といったマイナスのニュースも飛び込んできた。 さまざ...

動き加速!ラストマイル&ミドルマイル、進む自動配送化

人やモノの移動・輸送を無人化する自動運転技術。人の移動においては自動運転バスやタクシー、モノの輸送においては自動運転トラックや自動配送ロボットなどの開発がそれぞれ進められている。 物流においては、ファーストマイル・ミドルマイル...

空飛ぶクルマのメリットとデメリット(2022年最新版)

海外では一部でサービス実証が始まり、量産化を見据えた大口契約も交わされ始めた空飛ぶクルマ。国内でも、2025年開催予定の大阪・関西万博での飛行実現に向け、官民総出で開発を加速させている。 実現間近の空飛ぶクルマは、身近なエアモ...

自動運転と法律・ガイドライン(2022年最新版)

道路交通法(道交法)の改正などにより、自動運転を解禁する動きが加速している。世界的に自動運転を認める法改正が進んでいるが、日本政府もスピード感を持って対応しており、決して出遅れていない状況だ。 では2022年8月時点において、...

【目次】自動運転が巻き起こす小売革命

労働力不足や薄利化…。小売業界の配送部門では近年業者を悩ます課題が少なくない。そんな業界の救世主ともなりえる技術が「自動運転」だ。配送手段の無人化が達成できれば、労働力不足や薄利化の悩みから事業者は解放される。 「自動運転が巻...

日本の自動運転と経済産業省(2022年最新版) 取り組み内容は?

自動運転技術の実用化に向け民間における開発が高まりを見せているが、早期社会実装には国の支援が欠かせない。 この記事では、国の機関として国土交通省とともに主翼を担う「経済産業省」に焦点を当て、2020年5月時点の情報をもとに、具...

日本の自動運転と国土交通省(2022年最新版) 取り組み内容は?

官学民が一体となり実用化に向けた取り組みを推進している自動運転分野。「官」においては、国土交通省や経済産業省が中心となり、民間の研究開発や実証などをバックアップしている。 この記事では2022年5月時点の情報をもとに、日本の省...

勢い止まらず!東大発ベンチャー、自動運転ロボ工場を拡大移転

自動運転ロボットの開発競争が世界で加速しているが、日本の大学発ベンチャーも負けずに事業拡大に努めている。 東大発AI(人工知能)ベンチャーのTRUST SMITH株式会社(本社:東京都文京区/代表取締役社長:大澤琢真)はこのほ...

自動運転配送、ついに岸田首相が解禁へ!次期国会で法案提出

自動配送ロボット実用化に向けた機運がいっそう高まりそうだ。2021年11月10日に第2次内閣が発足した岸田文雄総理は、内閣総理大臣指名後の記者会見で自動配送サービス実現に向けた取り組みに言及した。 岸田総理は、自身肝いりの「新...