ライドシェア

なぜ「仮想通貨」は解禁され、「ライドシェア」は禁止なのか

仮想通貨取引所FTXの破産が大きな話題となっている仮想通貨。2010年代に市場を急拡大した仮想通貨は、後付けで公的に定義化・制度化されつつもまだまだ波乱含みの展開が続きそうだ。 同様に、2010年代に市場を拡大した領域がモビリ...

モビリティの課題は?(2022年最新版)

自動運転や空飛ぶクルマなどの次世代モビリティが、まもなく本格的な社会実装期を迎えようとしている。バスやタクシー、自家用車といった既存モビリティをはじめとする交通社会が、変革の時を迎えているのだ。 新たなモビリティの導入には課題...

ソフトバンクG、まさかUberを「底値」で売っちゃった?

世界経済の低迷が続く中、ソフトバンクグループ(以下SBG)の投資部門ソフトバンク・ビジョン・ファンド(以下SVF)が苦境に立たされている。SBGの2023年3月期第2四半期決算説明会では、Uber Technologiesなど7銘柄...

博報堂が「日本版ライドシェア」!Uberはダメなのになぜ?

富山県高岡市で、マイカーを活用した乗り合い公共交通サービス「ノッカル中田」の実証が始まった。博報堂の協力のもとMaaSシステムを導入し、住民の移動課題を解決する取り組みで、事業者協力型自家用有償旅客運送に即した有償ライドシェア事業と...

モビリティサービスの事例・種類を解説(2022年最新版)

移動や輸送の変革期を迎え、多様化が進むモビリティサービス。モビリティそのものの種類が増し、付随するサービスもIoTやAI(人工知能)技術の進化を背景に多様化が進んでいる。 この記事では2022年10月時点の情報をもとに、モビリ...

自動運転を否定?Uberの競合企業「人による運転は続く」

日本を含む世界各国の企業が自動運転車の開発でしのぎを削っている。そんな中、米ライドシェア準大手のLyft(リフト)の共同創業者兼社長ジョン・ジマー氏は、「人による運転は当分続く」とコメントしている。米メディアが報じた。 スター...

年1500億円規模へ!Uber、乗客の目的地に応じた広告展開

ライドシェアサービス大手の米Uberは2022年10月25日までに、広告事業を拡大し、ユーザーの目的地などに合わせたターゲティング広告を展開することを発表した。 Uberは、この新しく立ち上げる広告ユニットの責任者に、米Ama...

モビリティとは?意味や定義は?(2022年最新版)

モビリティサービス、スマートモビリティ、モビリティカンパニー――近年、「モビリティ」という言葉を耳にする機会が多くなった。当サイトでも頻出するスタンダードなワードだ。 しかし、その定義は意外と曖昧で、漠然と使用していることが多...

ダブル採用!Uber、配車&配達用に「韓国系」自動運転車

米ライドシェア最大手のUberが、将来的にライドシェアリングサービスに自動運転車を導入しようとしていることは、これまでに何度も報じられてきた。ではその自動運転車はどの企業が製造・納品することになるのか・・・。最近の業界の関心はこの点...

米で「人間不要論」!ライドシェアで「自動運転車」が来る

「アメリカのライドシェアアプリは?」と聞けば、多くの日本人はUber(ウーバー)と回答するかもしれないが、実際にアメリカにおいては、業界2位のLyft(リフト)の知名度も高い。 そんなLyftがここ数年、ライドシェアサービスで...