モーター

空飛ぶクルマとは?必要な技術や開発企業を解説

自動運転技術の進展により「陸」における移動革命が始まったが、「空」の移動革命に向けた取り組みも着実に前進している。eVTOL、いわゆる「空飛ぶクルマ」の開発が進む。 国内では、官民一体となって研究開発や実用化を見据えた法整備、...

中国の新エネルギー車(NEV)、サプライヤー判明!自動運転車でも採用?

EV(電気自動車)を中心とした「新エネルギー車」(NEV)の開発・量産化が右肩上がりの成長を続けている。従来の内燃機関を備えた自動車から純バッテリー式のBEVへのシフトが徐々に進み始めているのだ。 自動車の構造そのものが変化を...

空飛ぶクルマなど次世代電動航空機の技術開発、経産省が予算増額

経済産業省の2021年度予算案で、「次世代電動航空機に関する技術開発事業」が2020年度の約13億5,000万円から19億円に増額されている。 この事業は2019年から2023年にかけて5年間で取り組まれるもので、ここでいう次...

日本電産、自動運転やADAS向けの新型アンテナ使用レーダを紹介

日本電産(本社:京都府京都市/代表取締役会長:永守重信)は2019年4月12日に開催した記者発表で、同社の新型アンテナを使ったレーダについて明らかにした。自動運転やADAS(先進運転支援システム)などでの活用を想定している。昼夜・雨...

日本長者番付2019、自動運転関連で登場した5人の顔ぶれ

アメリカの経済誌フォーブスが2019年度版日本長者番付を2019年4月14日までに公表した。 首位はユニクロなどを手掛けるファーストリテイリングの柳井正氏だったが、自動運転領域に関わる経営者はどれくらいランクインしているのか調...

【寄稿】ぼくの大学院生活を捧げた自動運転ミニカー製作の全て 工学院大学修士1...

2020年代に公道における自動運転の法整備やインフラ整備は一気に進む。日本、そして世界の大手メーカーからベンチャー企業までがいま躍起にやって開発を進める技術が人々にとって身近な存在となり、次世代技術の恩恵を受ける時代はもうすぐそこまで来...

LiDARのMEMS式とSolid State式、特徴や違いを解説

自動運転車に欠かせない「目」の役割を担うセンサー類。その中でも近年開発競争が激化しているのがLiDAR(ライダー)だ。当初は自動運転開発用が主流で高価だったが、市販車への実用化を模索する中でさまざまな技術が導入され、低価格化も進んで...

日立オートモティブシステムズ、中国・重慶で最新の自動運転技術をPR カメラや...

自動車部品メーカー大手の日立オートモティブシステムズ株式会社(本社:東京都千代田区/社長執行役員兼CEO:ブリス・コッホ)の中国地域統括会社は、中国重慶市の重慶国際展覧センターで2018年9月19日から21日にかけて開催される「重慶...

中国新興EVのSitech、新ブランドGyon設立 2018年8月にアメリカ...

中国の新興EV(電気自動車)メーカーのSitech(新特汽車)が新ブランド「Gyon」を設立し、高度な自動運転走行技術を備えたラグジュアリーEVカーを米カリフォルニア州ロサンゼルスで初公開すると発表した。2018年8月8日に公開する...

工学院大学の学生が自動運転ミニカー開発 コンテストで技術賞

日経BPのムック本「ラズパイマガジン」と日経Linuxなどが主催する「みんなのラズパイコンテスト2017」で、現役大学生が開発した「自動走行ミニカー」が技術賞を受賞した。ミニカーながら、そこに搭載された技術は紛れもなく自動運転そのも...