デリバリー

最短30分!タクシー会社の「超お急ぎ便」という新マネタイズ策

配送マッチングプラットフォーム「PickGo」などを提供するCBcloudとタクシー事業者の国際自動車はこのほど、タクシーを活用した新たな買い物代行サービス「超お急ぎ便」を開始した。 コロナ禍を機に貨客混載の取り組みが浸透するタクシー...

ヤマト総研、自動運転による物流「e-conect」に最優秀アイデア賞

一般社団法人ヤマトグループ総合研究所(本社:東京都港区/代表:木川眞)=ヤマト総研=は2020年6月18日までに、募集していた「第1回懸賞論文」の受賞作品全12作を決定したと発表した。 受賞作の中には自動運転の未来を感じさせる...

UberJapan好決算、NewsPicksのピッカーはこうコメント!

2020年5月21日、自動運転ラボでUber Japanの第8期決算(2019年12月31日現在)の決算公告の概要を記事で紹介後、NewsPicksで多くのピッカーからコメントをいただいた。 ▼Uber Japan、2019年...

タクシー会社などの貨物配送・料理宅配ビジネス展開を支援!ストロボがコンサルサ...

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区/代表取締役:下山哲平)は、新型コロナウイルスの影響によりEC需要や宅配需要が急速に拡大していることを受け、タクシー事業者や交通事業者を対象とした「貨物配送・料理宅配関連事業進...

ストロボ、小売・飲食業の「無人宅配」導入を支援!自動運転技術で人手不足問題な...

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区/代表取締役:下山哲平)は、EC・宅配領域での自動運転技術の活用を支援する「自動運転宅配導入支援・PoC・実証実験コンサルティングサービス」をスタートする。 新型コロナウ...

「究極の貨客混載」は自動運転タクシーで実現する

新型コロナウイルスの感染拡大を機に、全国各地のタクシー事業者が有償貨物運送に乗り出した。いわゆる貨客混載の取り組みで、国の特例に伴う時限措置であるものの、見方を変えれば業界に新たな可能性を感じさせる事例であり、将来の自動運転タクシー...

自動運転による「非接触配送」、コロナが気付かせた6大メリット コンタクトレス...

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、「非接触=コンタクトレス」に注目が集まっている。人と人との直接的な接触を回避することで、飛沫感染のリスクなどを低減できるためだ。 このコンタクトレスへの注目の高まりとともに、自動走行が可能な...

ウーバーの「天国と地獄」 イーツ爆伸、ライドシェア大打撃 新型コロナ

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、外出制限や外出自粛などが長引いている。 そんな中、ライドシェア世界最大手の米ウーバー・テクノロジーズはライドシェアの利用者が減少する「地獄」と、デリバリー需要の増加によってウーバーイーツの...

「自動運転×宅配」やラストワンマイルに挑む日本の企業まとめ

自動運転レベル3の解禁によってにわかに活気づいてきた自動運転業界。ただ、多くの消費者の関心を誘うには今しばらく時間がかかりそうで、さらなる技術の進展や低価格化を図りいち早く需要を喚起したいところだ。 その一方、溢れかえらんばか...

自動運転デリバリー、新型コロナが規制緩和の引き金に?

依然として世界で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。収束までの道のりは長そうで、長期戦を覚悟しなければならないようだ。 経済・社会活動の停滞を懸念する声も依然として強いが、収束に向け他人との密接な接触をな...