ゲーム

自動運転レベル3でできること

ホンダ「LEGEND(レジェンド)」を皮切りに自動運転レベル3搭載車種が増加の様相を呈している。メルセデス・ベンツがホンダに続き、今後もBMWやボルボ・カーズ、ヒョンデなどが続々と新モデルへの搭載を進めていく構えだ。 自家用車...

移動ホテル、車の”可動産”化…自動運転社会で新たに登...

すべての乗員に自由な時間と空間をもたらす自動運転。移動を主目的とした従来の自動車の概念が変わり、「移動中に何をするか」といった考え方が重視される時代へと移り変わっていく。 こうした自由な時間と空間の誕生は、次第に新たなビジネス...

自動運転化で、運転のお供「ラジオ」は役割を終えるのか

ドライブの定番といえば「ラジオ」だろう。「耳で楽しむ」メディアの特性があるラジオは運転を邪魔せず安全に楽しめるコンテンツとして、ドライバーの「お供」的存在だ。 しかし自動運転技術の発達で、そんなラジオの役割がもしかすると失われ...

完全自動運転で堂々OKな「セカンダリアクティビティ」は?

自動運転レベル3(条件付き運転自動化)が2020年4月に事実上解禁され、世間で「自動運転」への関心はより一層高まった。レベル3の段階ではまだ運転手は運転から完全に解放されるわけではないが、自動運転中に可能になることが技術革新や法規制...

テスラのコネクテッド機能まとめ ソフトアップデートでエンタメ機能充実

生産体制の構築が順調に進み始め、世界シェア拡大をうかがうEV(電気自動車)大手の米Tesla(テスラ)。EVに特化したビジョンがついに花を咲かせるか注目が集まる。 自動運転開発にも積極的で、2019年には「ロボタクシー構想」を...

空飛ぶクルマ実用化で起きる15のこと

空中における移住な移動を可能にする空飛ぶクルマ。この近未来の技術はすでに実証段階に達しており、数年後には世界各地でさまざまなサービスが誕生する見込みだ。 ハードルは高いが、空飛ぶクルマの技術が安全面とともに確立され、実用化が進...

自動運転化・コネクテッド化が金融業界にもたらす変化とは? 新サービス続々登場...

自動運転車の実用化に向け、開発競争が繰り広げられている自動車業界。開発の軸はいかに安全性を高めるかに置かれているが、一方で多種多様な業界が熱い視線を送っているのが、自動運転車の実用化に付随する新規ビジネスやサービスだ。 自動運...

AIや自動運転などテーマに? DeNAが先端技術研究の新組織 社員応募型

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長兼CEO:守安功)は2018年8月6日、最先端技術に関するR&D(研究開発)組織を新たに設置したことを発表した。新技術のスムーズな事業化により、同社が力を入れてい...