オートパイロット

自動運転OS、デファクトスタンダードの座を巡る激戦の構図

独VWと米フォード、米GMとホンダ、独BMWと独ダイムラーなど、自動車メーカー大手同士の提携が近年相次いでいる。その背景にあるのは、自動運転やMaaS(Mobility as a Service)といった今後の自動車業界を大きく変え...

テスラの自動運転機能「オートパイロット」、赤信号進入で警告が発されるアップデ...

米電気自動車(EV)大手テスラの自動運転機能「オートパイロット」が2019年3月25日までに最新版に更新され、赤信号を運転手に警告する機能が搭載された。米Mashableが報じた。 報道などによれば、この機能は運転手が手動で運...

テスラ自動運転車の交通事故・死亡事故まとめ 原因や責任は?

米電気自動車(EV)大手テスラの自動車が2件の死亡事故を起こしている。いずれも同社の自動運転機能「オートパイロット」使用中に発生しているが、オートパイロットは安全運転支援システムであり、手放しやよそ見が許されるような自動運転システム...

テスラの自動運転技術と開発史まとめ イーロン・マスク氏の狙いは

米電気自動車(EV)大手のテスラ社を率いるCEO(最高経営責任者)のイーロン・マスク氏。かつて、自動車業界においてこれほどまでに世間を騒がせた経営者はいただろうか。人物像については、「異端児だ」などとする声が多数を占めているようだが...

GMと子会社クルーズの自動運転戦略を解説&まとめ 実現はいつ?

かつては世界一の自動車メーカーとして栄華を極めた米GM(ゼネラル・モーターズ)。サブプライムローンに端を発する金融危機の影響で経営破綻も経験したが、依然として世界販売台数3〜4位をキープするリーディングカンパニーの一角として市場に影...

【最新版】自動運転レベル2の要件や定義、機能を解説

独Audi社が自動運転レベル3(条件付き運転自動化)搭載車「A8」を発売して約1年が経つが、法規制などの社会の枠組みが追い付かずほぼ実用化されていないのが現状で、市販車の競争は依然として自動運転レベル2(部分運転自動化)ベースに行わ...

テスラの半自動運転機能「オートパイロット」、地球100周に1回の事故率

自動運転の方が手動運転より事故率が低い——。米電気自動車(EV)大手のテスラは2018年10月8日までに、テスラのセミ自動運転機能「オートパイロット」を作動中は334万マイル(約537万キロ)に1度しか事故が起きない、とのデータを発...

自動運転・MaaS関連のクラウドファンディング実施案件まとめ

さまざまなアイデアやプロジェクトを持つ起案者が、資金調達や支援、商品の販売支援などを目的に活用するクラウドファンディング。新規事業の立ち上げや新サービス・新商品の開発・生産・販売など多岐に渡る支援が行われている。 では、新たな...

イーロン・マスク氏のAI戦略 EV自動運転向け、いやいずれ脳にも? テスラが...

米電気自動車(EV)大手テスラ・モーターズは電気自動車の製造とともに、車両に搭載する自動運転技術の開発にも力を入れている。同社が既に発表している電気自動車のモデル3やモデルS、モデルXには自動運転技術が搭載され、先端技術が詰め込まれ...

テスラ、起死回生の重要update 100%自動運転の夢実現へ

アメリカ電気自動車(EV)大手テスラ・モーターズのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は2018年6月10日(現地時間)、完全自動運転の実現に向けた本格的な基本システムとなる「オートパイロット・バージョン9」を2カ月後の8月にも...