ウエスタンデジタル

自動運転、車載機器の最重要5パーツをピックアップ!ストレージやセンサー…(深...

日本神話に「三種の神器」という宝器がある。これが転義され、1950年代には電気冷蔵庫、電気洗濯機、テレビが家電における三種の神器と呼ばれるようになり、急速な普及を見せた。2000年代には、デジタルカメラ、DVDレコーダー、薄型大型テ...

【対談】車載ストレージ、タクシーのデータビジネス下支え!ウエスタンデジタル×...

車両から集めたデータを使ったビジネスモデルが昨今注目を集めつつある。自動車がネットワークとつながる時代になり、車載センサーなどから集めた情報をクラウドなどに集積していけば、そのデータの二次利用で新たな付加価値を生み出すことが可能にな...

自動運転の安全安心の鍵は「乗員のリアルタイムデータ」にあり(深掘り!自動運転...

自動運転開発において重要視されるデータとして真っ先に思いつくのは何だろうか。各種センサーが収集する道路環境全般にわたるデータを頭に浮かべる方が多いと思われるが、では、安全性を確保するために重要なデータと言えば何を浮かべるか。 ...

【対談】自動運転実現の鍵は「車載ストレージ」の進化にあり!ウエスタンデジタル...

自動運転関連の開発競争が激化している。既に海外では自動運転タクシーの商用サービスも始まり、日本では自動運転レベル3(条件付き運転自動化)も解禁される。 自動運転を成立させるためには、自動運転ソフトウェアやセンサーの開発も求めら...

自動運転車の最先端データストレージに求められる8つの性能(深掘り!自動運転×...

さまざまなデータが次々と生成される自動運転。各種データの蓄積や分析、削除を繰り返すことで一定水準以上の精度を保持し、安全な走行を実現する。 その膨大なデータ処理には、タイムラグを極限まで抑え、幾度もの書き換え作業に耐える耐久性...

【特集・目次】深掘り!自動運転×データ

日本では2020年、緊急時以外はシステムに全ての運転を委ねる「自動運転レベル3(条件付き運転自動化)」がいよいよ解禁される。自動運転時代の到来は、もう遠い未来の話ではない。 従来の自動車の運転操作は、人間の五感や脳によって行わ...

自動運転やコネクテッドカー、革新の鍵は「車載グレードの大容量ストレージ」だ ...

「つながるクルマ」と称されるコネクテッドカー向けの独自アプリケーションを既に各メーカーが開発し始め、その機能を搭載した車両も既に市場に投入され始めている。同時に、将来的に人が運転をしなくてもよくなる完全自動運転車の開発も進められてお...

【インタビュー】「大容量×信頼性」、車載業界屈指の半導体メーカーが見据える自...

自動車業界でコネクテッドカーや自動運転車の開発競争が激しさを増す中、車載向けストレージ製品でも長い歴史を持つ米ウエスタンデジタルがこのほど、データ需要の将来的な増加を見越した新製品「Western Digital iNAND AT ...

自動運転特需を見据えて!東芝メモリとウエスタンデジタル、3次元フラッシュメモ...

東芝メモリ株式会社とウエスタンデジタルコーポレーションは2019年5月20日までに、東芝メモリ社が岩手県北上市で建設中の北上工場の第1製造棟(K1)に対し、共同で設備投資を実施する正式契約を結んだことを発表した。 K1で生産さ...

米ウエスタンデジタル、自動運転やコネクテッドカー向けのフラッシュドライブを発...

データストレージの開発・提供を手掛ける米ウエスタンデジタル・コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州)は2018年10月25日までに、自動運転やADAS(先進運転支援システム)技術などを搭載したコネクテッドカーでの使用を想定した...