イノベーション

近畿経済産業局、2025年の大阪万博に向け「空飛ぶクルマ」プロジェクト

2025年国際博覧会(大阪・関西万博)で水素エネルギーを動力とした「空飛ぶクルマ」のデモフライトを目指す——。水素社会の実現に向けた取り組みとして、近畿経済産業局が2019年1月30日までに、水素エネルギーを活用したドローン開発プロ...

パーク24、IoTカーシェア事業など評価され内閣総理大臣賞 MaaSの進化に...

パーク24株式会社(本社:東京都千代田区/社長:西川光一)は2019年1月29日までに、一般社団法人「科学技術と経済の会」(JATES)が主催する「第7回技術経営・イノベーション賞」で、IoTを活用した駐車場やカーシェア事業が「内閣...

DeNAのタクシー配車アプリ「MOV」、専用タブレット端末で電話配車依頼も一...

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋⾕区/代表取締役社長兼CEO:守安功)=DeNA=が展開するタクシー配車アプリ「MOV(モブ)」が、2019年にさらに配車システムを進化させる。乗務員向けの専用タブレットで電話での配車依頼も一元管理...

「自動運転×日本国の動き」の最新動向は? 政策やプロジェクトまとめ

自動運転社会の実現に向け、開発競争に拍車をかける民間企業。他社よりも早く、他国よりも早く新技術を確立し、新産業分野におけるいっそうの飛躍を目指している。 そういった開発競争を支えているのが「国」だ。さまざまな法規制で企業活動を...

京セラがみなとみらいに新研究所 自動運転、AI、IoT技術など開発

電子機器メーカー大手の京セラ(本社:京都府京都市/代表取締役社長:谷本秀夫)は2018年10月28日までに、横浜みなとみらい21地区に新しい研究所「みなとみらいリサーチセンター(仮)」を設立することを発表した。 ザリガニ、...

創業10年のAZAPA、自動運転技術に注力 掲げる「共創」の理念とは?

豊かな発想力や技術力を武器に自動運転の制御開発などを手掛けるベンチャーのAZAPA株式会社(本社:愛知県名古屋市/代表取締役兼CEO:近藤康弘)が創業10周年を迎えた。 既成概念にとらわれない柔軟な発想により自動車業界にイノベ...

ヤマハ発動機の自動運転戦略とは? コンセプトや方針は?

ヤマハ発動機といえば二輪車のイメージが強いが、マリン事業や産業用機械・ロボット事業など幅広い分野で製品開発を進めており、自動運転開発にも積極的に取り組んでいる製造メーカーだ。 米ラスベガスで2018年1月に開催されたCES20...

フィリピン人俳優、1人乗りのドローン系空飛ぶクルマを発明 高さ6mまで上昇可...

元フィリピン人ダンサーであり、俳優やカメラオペレーターの肩書も持つKyxz Mendiola氏が、1人乗りのドローン「ミレニア・コンセプト」を開発・発表したことが2018年10月10日までに明らかになった。 ミレニア・コンセプ...

自動運転とデータ通信…V2IやV2V、5Gなどの基礎解説

人間に代わって機械が自動車を操作する自動運転。ドライバーが目で見て脳で判断し、手足で操作する一連の作業を機械が行うためには、自動車に搭載されるセンサーやAI(人工知能)のみでは完結せず、外部との情報のやり取りが必須となる。 A...

最新人事…トヨタ自動車の自動運転・コネクテッド・MaaS関連

トヨタ自動車(本社:愛知県豊田市/代表取締役社長:豊田章男)は10月1日付の基幹職1級の人事異動を発表した。発表されたのは21人分。 自動運転開発やMaaS、コネクテッド化に関わる人事異動としては、コネクティッドカンパニーe-...