アジット(Azit)

超小型モビリティが、高齢者の移動に革新をもたらす

シェアリングサービスの普及とともに、超小型モビリティやマイクロモビリティへの注目度が年々高まっている。これらの新モビリティは取り回しが容易で扱いやすく、導入コストも低く抑えることができるため、シェアサービスとして導入しやすいようだ。...

住民が住民を…人口1.1万の街で”実費負担型”ライド...

実費負担型ライドシェア「CREW」を手掛ける株式会社Azit(本社:東京都渋谷区/代表取締役:吉兼周優)は2019年11月28日、北海道斜里町での実証実験を開始すると発表した。 この実証実験は「斜里町スマート定住推進協議会」に...

実費負担型ライドシェア、新潟県の高齢化地域で導入実証 謝礼支払いは任意で

「実費負担型ライドシェア」とも言えるモビリティプラットフォーム「CREW」を運営する株式会社Azit(本社:東京都渋谷区/代表取締役CEO:吉兼周優)などは、2019年11月20日から高齢者の移動をサポートする取り組みとして、新潟県...

大企業が買収したくなる有望MaaS系ベンチャー10選

将来の交通の在り方を大きく変えるMaaS。このMaaSをめぐっては、交通機関や自動産業をはじめ、プラットフォーマーやモビリティ開発事業者なども相次いで参入し、協力体制を構築しながら研究開発が進められている。 特に、プラットフォ...

実費負担型のライドシェアサービス「CREW」、那須で実証実験をスタート

実費負担型のライドシェアサービス「CREW」。このサービスの実証実験が、栃木県の那須塩原市と那須町で2019年8月9日に始まった。CREWの運営会社である株式会社Azitと那須高原次世代交通協議会が発表した。 CREWは「乗せ...

実験経て正式スタート!与論島の島民、自家用車で観光客を運ぶ CREWでマッチ...

モビリティベンチャー企業の株式会社Azit(本社:東京都港区/代表取締役:吉兼周優)は2019年6月17日までに、鹿児島県の与論島でスマート送迎アプリ「CREW」の定常的なサービス提供を観光ハイシーズンである10月末にかけて実施する...

【保存版】ライドシェアとは?日本での規制と特区制度まとめ

国内では依然として事実上禁止されている「有償ライドシェア」。業界団体や一部の自治体が反対を表明する一方、新経済連盟のように規制撤廃を働きかける動きや、実証実験に取り組む企業・自治体の姿も散見されるようになった。 日本国内におけ...

ドライブシェアアプリ「CREW」運営のAzit社、「Local Mobili...

モビリティスタートアップ企業の株式会社Azit(本社:東京都港区/代表取締役:吉兼周優)は2019年2月27日までに、「Local Mobility Project」という日本各地のモビリティの課題を解決するための取り組みを始動させ...

【日本版】MaaS系サービスに取り組む企業・団体まとめ

ここ最近、ニュースなどで「MaaS」という単語を目にする機会が急増している。鉄道会社やバス事業者、シェアリングサービス事業者などをはじめ、MaaS分野への新規参入が相次いでいるようだ。 都市や地方の隔たりなく移動サービスの在り...

MaaSプラットフォーム「CREW」、鹿児島の与論島で定常的提供

株式会社Azit(本社:東京都港区/代表取締役:吉兼周優)は2019年2月5日までに、鹿児島県の与論島にて、MaaSプラットフォーム「CREW」の定常的な提供を2019年4月以降に開始することでヨロン島観光協会などと合意したと発表し...