アイシン精機 に関する記事

自動バレーパーキングとは? 自動運転技術を活用 開発企業は?

自動運転レベル4(高度運転自動化)の実現は、駐車場から始まるかもしれない。大規模駐車場を想定した自動バレーパーキング技術の開発が国内外で進められており、完成度も飛躍的に高まっているようだ。 大規模商業施設や空港など大きな駐車場...

CARTIVATOR(カーティベーター)が開発する「空飛ぶクルマ」とは? 実...

空飛ぶクルマの開発が日本でも活気を帯び始めている。国も空飛ぶクルマの実現に向けて官民協議会を立ち上げるなど新たな産業の育成に力を入れていく方針で、今後、技術開発や制度整備などは加速化していくものと思われる。 この空飛ぶクルマの...

名古屋大学の研究グループら、マルチモーダル対話型自動運転車を発表 音声や視線...

名古屋大学の研究グループと徳島大学、アイシン精機株式会社は2018年10月25日、「マルチモーダル対話型自動運転車」を開発したと発表した。音声や視線、ジェスチャなどを用いて、一般ユーザでも自動運転車を直感的に操作することが可能となっ...

デンソー、 自動運転技術の開発人材100人を社内公募 過去最大規模

自動車部品最大手の株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市/取締役社長:有馬浩二)は2018年9月28日までに、自動運転分野での競争力を高めるために、同分野の研究開発により多くの人材を配置する方針を発表した。具体的には、社内公募で同分野...

トヨタ最新人事…先進技術開発カンパニーやMaaS事業部など AI自動運転開発...

トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市/代表取締役社長:豊田章男)は2018年9月13日までに、基幹職1級の人事異動について発表した。発表は9月1日付。 それによると、橋本佳宜氏は「先進技術開発カンパニー先進技術統括部環境技...

自動運転株式の人気急上昇 トヨタやデンソーなどの注目銘柄を一挙紹介

「自動運転化」「電動化」「カーシェア」——。これら新技術・サービスの登場で、自動車業界は100年に1度の大変革時代を迎えている。 特に都市の渋滞、高齢化に伴う交通過疎地の足の確保など、さまざまな交通課題を解決する「自動運転化」...

【日本版】自動運転開発を手掛ける主要企業・会社総まとめ 自動車メーカーからベ...

クルマ本体をはじめAI(人工知能)技術や各種センサー、高精度地図情報、通信技術などさまざまな分野が結集して初めて完成する自動運転車。自動運転にマッチした新たなサービスを模索する動きも多くみられる。 自動車メーカーや部品メーカー...

トヨタの自動運転車、戦略まとめ 実用化はいつから? AIやコネクテッドカーの...

今、自動車業界では自動運転化やコネクテッド化、電動化などの技術が進化し、次世代スタンダードの構築に向け異業種を巻き込んだ新たな局面を迎えている。多くの関連企業や子会社を持ち、日本国内にとどまらず世界を代表する自動車メーカーのトヨタ自...

デンソーなどトヨタ系4社、AI自動運転での新会社設立検討を正式発表 アイシン...

トヨタ自動車グループのデンソーなど4社は2018年8月27日、自動運転の技術開発を推進する合弁会社設立を検討することに同意したと正式に発表した。2019年3月の設立を目指し、4社の総力を結集する。 4社は株式会社デンソー(本社...

【2018年8月分】自動運転・ライドシェア・AIの最新ニュースまとめ

2018年4~6月期の各社の決算状況をはじめ、高級スポーツカーでおなじみのポルシェによる自動運転システム搭載車の発表、戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期の始動、埼玉工業大学の取り組み、米テスラ社CEOのイーロン・マス...