アイコンタクト

自動運転の最高位「レベル5」、システムと人の役割分担の考え方

日進月歩で開発が進む自動運転。条件付きで自動運転を可能とするレベル3、一定条件下で無人運転を可能とするレベル4の社会実装が始まり、現在普及期を迎えつつある。レベル4以降の自動運転技術では、ドライバーの存在を完全に排除した無人システム...

自動運転AIと歩行者の「意思疎通」規格、米フォードが統一化へ連携呼び掛け

「点滅」は「動きだそうとしている」、「左右に動く光」は「止まろうとしている」のサイン——。 アメリカ大手自動車メーカーのフォードが、完全運転自動車のAI(人工知能)の「意図」を歩行者などに伝えるため、光の動きや点灯を使ったこの...

イギリス・ジャガーランドローバーの自動運転車、歩行者と「アイコンタクト」 不...

英自動車メーカーのジャガーランドローバー(本社:英コヴェントリー/CEO:ラルフ・スペッツ)が、キモカワイイ自動運転車を開発していることが2018年9月6日までに分かった。自動運転車のフロント部に歩行者を識別するためのバーチャル・ア...