Uber(ウーバー)

ライドシェア解禁、Uber Eatsとの「二刀流」で高収入は可能?

2024年4月スタート予定の自家用車活用事業(仮)に向け、タクシー事業者による一般ドライバーの求人が増加傾向にある。 タクシー事業者管理のもとサービスを提供する形式であり、一般ドライバー視点ではさまざまな制限が設けられるためド...

【2024年2月最新】タクシー配車アプリを一挙比較!おすすめは?GO、S.R...

タクシー配車アプリによって、利用のしやすさや手数料体系、キャッシュレス決済利用の可否、利用可能エリアが異なるため、どのアプリを使うかはよく比較して決めたいところだ。クーポンが豊富かも選ぶポイントとなる。 対象地域の広さ...

Uber Eatsの配送ロボ、「安全大国ニッポン」でも襲撃の標的に?

Uber Eats Japanと三菱電機が日本国内でのロボットデリバリー事業に着手する。米スタートアップCartken(カートケン)のロボットを導入し、2024年3月中に東京都内の一部地域でサービスを開始する計画だ。 本家の米...

【2024年2月の自動運転ラボ10大ニュース】トヨタがついに自動運転サービス...

国内ではライドシェアをめぐる議論が過熱の一途をたどっている。徐々に議論の中身が明らかになり始めており、今後数カ月間は目を離せない状況となりそうだ。自動運転関連では、大本命のトヨタに動きがあったようだ。 2024年2月の10大ニ...

ライドシェアとは?(2024年最新版) 仕組みは?参入企業は?

菅義偉元首相らの発言を機に導入に向けた議論が一気に進み始めた有償ライドシェア。急転直下で「日本型ライドシェア」導入に向けた方針が固められ、2024年4月にもサービスが開始されることとなった。タクシー業界などの反発は依然として...

タクシー会社限定ライドシェア、UberとDiDi「裏方役」で苦渋の参入

2024年4月からライドシェアがタクシー会社に限定して解禁される。タクシー会社以外はサービスを展開できない形で、ライドシェアの世界的大手企業であるUberやDiDiを実質的に締め出すような解禁と言える。 そんな中、UberとD...

CASEの意味は?(2024年最新版) コネクテッドや自動運転を示す自動車業...

自動車関係のトピックスで最近耳にする機会が増えてきたワードの一つに「CASE(ケース)」がある。自動車産業の今後の動向を示す重要なキーワードであり、自動車メーカー各社の事業の方向性を示す指針にもなり得るキーワードだ。 「CAS...

空飛ぶクルマとは?(2024年最新版) 開発企業・実用化状況まとめ

自動運転技術の進展により「陸」における移動革命が始まったが、「空」の移動革命に向けた取り組みも着実に前進している。eVTOL(電動垂直離着陸機)、いわゆる「空飛ぶクルマ」の開発が進んでおり、すでに実用化や機体販売を始めた企業も出始め...

自動運転車の事故一覧(2024年最新版) 日本・海外の事例を総まとめ

自動運転に関する死亡事故は、2023年時点でアメリカでこれまでに3件発生している。テスラが2回、ウーバーが1回起こしている。日本では自動運転車による死亡事故は起きていないが、実証実験が盛んになった2019年以降、複数の事故や接触事案...

トヨタの自動運転戦略(2024年最新版)

「世界のトヨタ」と呼ばれるトヨタ自動車。業界のリーディングカンパニーの1社として長年業界をけん引してきた実績は確かな信頼や技術力を築き上げ、2024年以降もその勢いは衰えることが無さそうだ。 同社のブランドは今後も揺るぎないも...