Google(グーグル)

Google系企業、ミシガン州で「自動運転専用レーン」に着手

いまアメリカで自動運転車専用レーンを開発するある企業に注目が集まっている。Google系の米Cavnueだ。日本でも東京都などが自動運転専用レーンの構想を掲げる中、Cavnueがどのような取り組みを今後進めていくか、注目しておきたい...

自動運転とトロッコ問題(2022年最新版)

自動運転の根幹を成すともいわれるAI(人工知能)。トヨタをはじめとする大手自動車メーカーや米Google系Waymoなど、世界の既存の大手企業からスタートアップ・ベンチャー企業などがこぞって開発に力を入れている。 そもそもAI...

自動運転、米国株・日本株の銘柄一覧(2022年最新版)

自動運転技術の実用化に伴い、LiDAR開発をはじめとした関連スタートアップの上場が相次いでいる。自動運転の市場化が本格化の兆しを見せ始めているのだ。 この記事では2022年5月時点の情報をもとに、自動車産業の主役として自動運転...

日産の自動運転戦略(2022年最新版) プロパイロット2.0の強みは?

日産自動車は、自動運転レベル2(部分運転自動化)の技術を「Pro PILOT(プロパイロット)2.0」として、一部市販車に搭載している。高速道路でのハンズオフ運転を可能にする機能で、2019年9月から搭載がスタートしている。 ...

自動運転、歴史と現状(2022年最新版)

本格実用化に向けた取り組みが世界各地で進展する自動運転技術。21世紀前半をけん引する新産業として2010年以降開発競争が激化しており、自動運転タクシーも2018年に入って実用化されたが、その開発の歴史は思いのほか古い。 この記...

車の「コックピット」の進化、自動運転レベル3普及で加速確実

自動運転レベル3(条件付き運転自動化)の車が普及すると、ドライバーは今よりもっと自動車のコックピットに目を向ける時間が増える。運転をしなくていい時間が増えることで、車内での「可処分時間」が長くなるからだ。 つまりコックピットの...

自動運転、アメリカにおける「3大州」は隣り合っている

自動運転開発で世界をリードする存在ともいえる米Google系Waymo。そのWaymoの自動運転タクシーの有料サービス「Waymo One(ウェイモワン)」が世界で初めて商用化されたのは、米国の「アリゾナ州フェニックス」だ。 ただし、...

自動運転、「レース」が技術革新の火種に 日本でも大会が定着

技術が進化する過程のエピソードは、多くの人々の興味をそそるものだ。自動運転技術の進化に関してもさまざまなエピソードがあるが、「レース」が技術革新のスピードを加速させたことは、ぜひ知っておきたい。 ■DARPAの自動運転レー...

世界初の自動運転オフロードトラックに挑む!米Pronto AIが米Bell ...

オフロードトラックメーカーの米Bell Trucks Americaは2022年3月9日までに、自動運転技術を開発する米Pronto AIとパートナーシップを結んだ。世界初の自動運転オフロードトラックを実現するためだ。 Bel...

「テスラ出身」な創業者一覧(2022年最新版) 自動運転やEV領域で活躍

依然としてスタートアップの躍進が続く自動運転業界。先進技術を武器に次々と頭角を現し、業界に新たな息を吹き込んでいる。 こうしたスタートアップの創業者は、テクノロジー企業で技術や知識を積み重ねたエンジニアが多い。自らが保有する高...