Drive.ai に関する記事

自動運転車のレンタル料金、年間1500万円がアメリカでの相場か 実証実験用や...

いま現時点で自動運転車をレンタルしようと思ったら、年間いくら位かかるのだろうか?アメリカでは年間契約すると約1500万円ほどが相場であるようだ。米メディア「アクシオス」が報じた。 報道によれば、自動運転シャトルバスを開発してい...

【海外版】自動運転関連技術を開発するベンチャー・スタートアップ企業まとめ 国...

革新的な技術と壮大なビジョンを持ったスタートアップ。地道な研究開発はなかなか表に出ないものだが、自動運転業界では力のある新興勢力が続々と台頭し、陽の目を浴びている。すでにメジャーな存在に成長した企業をはじめ、今後の活躍に期待が持てそ...

ドバイ政府、交通課題解決へ6億円でアイデア募集 予想を超える応募、自動運転技...

ドバイ道路交通庁(RTA)が自動運転技術やAI技術を活用した交通課題の解決に向け、賞金総額570万ドル(約6.3億円)のコンテスト形式で世界の民間企業や研究団体からアイデアを募ったところ、予想を上回る応募があったようだ。RTAが20...

米スタートアップDrive.ai、テキサス州で自動運転の実証実験第2弾を開始...

米自動運転スタートアップのDrive.ai(本社:カリフォルニア州/最高経営責任者:Sameep Tandon)が、自動運転走行のパイロットプログラムの第2弾を米テキサス州で開始したことが2018年10月26日までに明らかになった。...

自動運転・AI業界、偉人21人の肖像 年齢順、神童から重鎮まで

自動車本体のみならず、人工知能(AI)やセンサー、地図情報、通信技術など、さまざまな分野の技術が結集する自動運転業界。開発には世界トップクラスの大企業が名を連ねており、優れた経営者やエンジニアたちがたびたびビッグニュースを生み出して...

ライドシェア企業、世界で300社突破 日本企業はゼロ?

アメリカの企業動向調査会社「Crunchbase」などによれば、世界規模では米ウーバー・テクノロジーズ、各国レベルでは米リフトや中国の滴滴出行(DiDiチューシン)をはじめしたライドシェアの新興企業の数が、北南米や欧州、アジア、中東...