Cruise(クルーズ)

自動運転、2022年に上場可能性があるベンチャー7選

2021年は、LiDAR企業や自動運転トラック開発企業を中心に新規株式公開する企業が続出した。この流れは2022年も続く見込みで、さらなる大型案件が発表される可能性もありそうだ。 この記事では、2022年中に上場予定の企業と、...

レベル4自動運転車、「量産」は中国の独壇場か 百度も大量製造へ

自動運転レベル4(高度運転自動化)の技術を使った有料の移動サービスが初めて始まったのは、アメリカの地だ。Google系Waymoが運転席無人の自動運転タクシーをすでに展開している。一方、レベル4の自動運転車の量産では、中国がアメリカ...

自動運転タクシーを展開できず引責退任?GM CruiseのCEO、創業者にバ...

米自動車メーカー大手GM(ゼネラル・モーターズ)は2021年12月20日までに、傘下で自動運転開発を手掛けるCruiseのDan Ammann最高経営責任者(CEO)が退任したと発表した。退任の理由は不明で、電撃退任といった様相だ。...

2021年の「自動運転」10大ニュース!レベル3の実用化スタート

年の瀬を迎え、2021年も間もなく終わりを告げようとしている。前年に続きコロナ禍に見舞われたものの、自動運転業界は着実に前進を遂げた1年となった。 自動運転に関する2021年の10大ニュースをひとつずつ見ていこう。 ...

アメリカの自動運転最新事情(2021年最新版)

自動車大国であり、自動運転開発も盛んなアメリカでは、グーグル系の自動運転開発企業Waymoが2018年、世界に先駆けて自動運転タクシーを実用化し、自動運転時代の口火を切った。以後、世界の開発各社がWaymoを追いかける形で開発競争を...

自動運転関連企業、主な資金調達一覧(2021年最新版)

自動運転技術の実用化が始まり、本格的なビジネス展開も徐々にその輪郭をあらわにし始めた。実用化に向けたロードマップが現実味を帯びるとともに資金調達も活発となり、LiDAR開発企業を筆頭に株式公開を果たすスタートアップ卒業組も相次いでい...

ソフトバンクビジョンファンドとは?投資先一覧と損益、自動運転分野での成果は?...

いまや世界が注目する「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」(SVF)。AI(人工知能)や自動運転、ライドシェアなどの分野の有望ベンチャーに積極的に投資し、5兆円に迫る投資成果を出している。 そんな中、気になるのがSVFが投資した...

ホンダの自動運転戦略(2021年最新版) レベル3車種「レジェンド」を発売

米GM、Cruise(クルーズ)との自動運転モビリティサービスに向けた協業や、世界初の自動運転レベル3搭載量販車の販売など波に乗るホンダ。自動運転分野では目立たず静観している印象が強かったホンダが、ついに本領を発揮し始めたようだ。 ...

実績なら日産、ホンダは猛追!自動運転タクシー、「日本初」の称号を得るのは?

自動車メーカーによる次世代交通サービス実現に向けた取り組みが加速している。ホンダと日産はそれぞれ自動運転タクシー(自動運転シャトル)の開発に力を入れ、両社とも実証段階に達している。 自動車メーカーによる国内初の自動運転タクシー...

ドバイ、2023年に自動運転車を公道解禁 無人タクシー展開へルール策定

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイが来年2022年にも、自動運転車の公道走行を解禁するルールを策定し終える計画であることが明らかになった。ドバイ道路交通局の幹部が報道機関の取材に対し、2021年10月28日までに明らかにした。 ...