Cartivator に関する記事

自動運転・MaaS関連のクラウドファンディング実施案件まとめ

さまざまなアイデアやプロジェクトを持つ起案者が、資金調達や支援、商品の販売支援などを目的に活用するクラウドファンディング。新規事業の立ち上げや新サービス・新商品の開発・生産・販売など多岐に渡る支援が行われている。 では、新たな...

空飛ぶクルマとは? 仕組みや技術、必要なインフラなど

空飛ぶクルマの実現が現実味を帯びてきた。日本国内ではこれまで民間有志が取り組みを進めていたが、2018年6月に発表された未来投資戦略2018に「世界に先駆けた空飛ぶクルマの実現」が盛り込まれ、これを受けて国土交通省、経済産業省が「空...

空飛ぶタクシー、2022年にサービス提供開始 イギリスのバーティカル・エアロ...

「空飛ぶタクシー」の開発を進めているイギリスのスタートアップ企業バーティカル・エアロスペース(Vertical Aerospace)社が2018年9月20日までに、サービス提供を2022年までに始めると発表した。まるで映画の中の話の...

空飛ぶタクシーと空飛ぶクルマの実現いつから? 最新調査「乗りたい」半数前後 ...

先端技術を対象に市場調査を手掛ける株式会社AQU先端テクノロジー総研(本社:千葉市中央区/代表:子安克昌)は2018年8月14日までに、「空飛ぶクルマ」や「空飛ぶタクシー」に関するアンケート調査(2300人対象)の結果概要を発表した。発表に...

【2018年6月分】自動運転・ライドシェア・AIの最新ニュースまとめ

1カ月でさまざまな動きを見せる自動運転やライドシェア業界。2018年6月はソフトバンクが出資するGMクルーズの上場計画に関するニュースが大きく報じられ、タクシーが8台しかない鹿児島・与論島でモビリティベンチャー企業が協力してライドシ...

トヨタが2014年に空飛ぶクルマの特許出願 Cartivator支援で今も関...

日本政府も2020年代には実現を目指している「空飛ぶクルマ」。日本では自動車業界や航空業界の若手による有志団体「Cartivator」が開発を進め、欧州でも実証実験に向けてプロジェクトへの企業の参画が続いている。 最近になって...

空飛ぶクルマ、2020年代に日本でも 自動運転で免許不要に Cartivat...

自動化や電動化、コネクテッド化…。自動運転業界はさまざまな技術革新の真っ直中にあると言えるが、さらにその先を行く「映画の中だけの技術」の実用化が徐々に現実味を帯び始めた。それは「空飛ぶクルマ」だ。 1985年に最初の作品が公開...

EUのエアタクシー、アウディ参画で試験へ 日本のCartivatorは東京五...

ドイツ大手自動車メーカーのアウディは2018年6月27日までに、ベルリン連邦首相府において「エアタクシー」の試験運用に向けたモデルケースを構築するプロジェクト「アーバン・エアモビリティ・プロジェクト」の同意書に調印した。「3次元モビ...