配送(デリバリー)

自動運転と法律・ガイドライン(2022年最新版)

道路交通法(道交法)の改正などにより、自動運転を解禁する動きが加速している。世界的に自動運転を認める法改正が進んでいるが、日本政府もスピード感を持って対応しており、決して出遅れていない状況だ。 では2022年8月時点において、...

自動運転とサービス(2022年最新版)

無人の自動運転車が市街地や郊外を当たり前のように走行する未来がやってくる。すでに、限定条件下で自動運転が可能となる「レベル3」をホンダが市販車に搭載し、特定エリア内での完全自動運転が可能な「レベル4」の自動運転タクシーも登場している...

【目次】自動運転が巻き起こす小売革命

労働力不足や薄利化…。小売業界の配送部門では近年業者を悩ます課題が少なくない。そんな業界の救世主ともなりえる技術が「自動運転」だ。配送手段の無人化が達成できれば、労働力不足や薄利化の悩みから事業者は解放される。 「自動運転が巻...

自動配送ロボット(宅配ロボット)最新まとめ!国内外で開発加速

新型コロナウイルスの流行により非接触が奨励され、自動運転技術を活用したコンタクトレス配送への注目が依然高まっている。米国を中心に実用化が広がるほか、日本でも公道実証に向けた動きが加速するなど世界各国で宅配ロボットの社会実装への期待が...

Nuroの年表!自動運転配送ロボットを開発、トヨタが出資

自動運転配送の実現に向け開発を進める米スタートアップのNuro(ニューロ)。米当局の規制をクリアし、着実にパートナーの輪を広げサービス実証を拡大するなど、目覚ましい躍進を遂げている。 この記事では、Nuroのこれまでの軌跡を年...

トヨタとホンダ、「無人配送」でもガチンコ勝負 自動運転技術を応用

大手自動車メーカーによる自動運転開発の取り組みは、ラストマイルを担う配送ロボットまで押し寄せている。2021年に入り、トヨタとホンダがこぞって自動配送ロボットの実証に取り組む姿勢を明らかにしたのだ。 ライバル関係にある両社は、...

AutoX、自動運転の年表!米中を股に掛けるベンチャー、ホンダと提携も

自動運転タクシーの開発分野では、先行する米Waymoを追いかける二番手集団の競争に注目が集まっている。筆頭株には中国IT系の百度(バイドゥ)の名が挙げられるが、新進気鋭のスタートアップも負けていない。深センに本社を構えるAutoXだ...

KDDIが「空飛ぶデリバリーサービス」!長野県伊那市で配送イノベーション

通信会社のKDDI株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:高橋誠)が、「空飛ぶデリバリーサービス」に取り組んでいることをご存じだろうか。国内初の自治体運営のドローン配送事業として、長野県伊那市で商用サービスを開始している。 そ...

米FedExの自動運転配送ロボット「Roxo(ロキソ)」、日本で初お披露目!...

米宅配大手FedEx(フェデックス)の子会社であるフェデックス・エクスプレスは2021年7月11日までに、自動運転配送ロボット「Roxo(ロキソ)」を日本でお披露目した。Roxoは電動立ち乗り二輪車「セグウェイ」を開発した米DEKA...

配送ルート最適化の米Wise Systemsが日本進出!国内勢と勝負、市場競...

ラストワンマイルの配送ルート最適化技術で注目を集める米Wise Systems。同社は2021年7月9日までに、日本法人としてWise Systems Japan合同会社を設立し、日本に進出したことを発表した。 今回の日本進出...