配送(デリバリー)

Nuroの年表!自動運転配送ロボットを開発、トヨタが出資

自動運転配送の実現に向け開発を進める米スタートアップのNuro(ニューロ)。米当局の規制をクリアし、着実にパートナーの輪を広げサービス実証を拡大するなど、目覚ましい躍進を遂げている。 この記事では、Nuroのこれまでの軌跡を年...

トヨタとホンダ、「無人配送」でもガチンコ勝負 自動運転技術を応用

大手自動車メーカーによる自動運転開発の取り組みは、ラストマイルを担う配送ロボットまで押し寄せている。2021年に入り、トヨタとホンダがこぞって自動配送ロボットの実証に取り組む姿勢を明らかにしたのだ。 ライバル関係にある両社は、...

AutoX、自動運転の年表!米中を股に掛けるベンチャー、ホンダと提携も

自動運転タクシーの開発分野では、先行する米Waymoを追いかける二番手集団の競争に注目が集まっている。筆頭株には中国IT系の百度(バイドゥ)の名が挙げられるが、新進気鋭のスタートアップも負けていない。深センに本社を構えるAutoXだ...

KDDIが「空飛ぶデリバリーサービス」!長野県伊那市で配送イノベーション

通信会社のKDDI株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:高橋誠)が、「空飛ぶデリバリーサービス」に取り組んでいることをご存じだろうか。国内初の自治体運営のドローン配送事業として、長野県伊那市で商用サービスを開始している。 そ...

米FedExの自動運転配送ロボット「Roxo(ロキソ)」、日本で初お披露目!...

米宅配大手FedEx(フェデックス)の子会社であるフェデックス・エクスプレスは2021年7月11日までに、自動運転配送ロボット「Roxo(ロキソ)」を日本でお披露目した。Roxoは電動立ち乗り二輪車「セグウェイ」を開発した米DEKA...

配送ルート最適化の米Wise Systemsが日本進出!国内勢と勝負、市場競...

ラストワンマイルの配送ルート最適化技術で注目を集める米Wise Systems。同社は2021年7月9日までに、日本法人としてWise Systems Japan合同会社を設立し、日本に進出したことを発表した。 今回の日本進出...

自動運転車のメリット、「社会」と「人」でそれぞれ解説!

移動サービスの分野で自動運転技術の社会実装が始まった。まだまだ実証を重ねる必要がある開発段階ではあるものの、着実に進化を遂げ成果を出し始めている。 進化の過程にある自動運転は今後、人や社会にどのような恩恵をもたらすのか。この記...

インクリメントP、デジタル地図の販売強化 自動運転技術の開発スピード底上げに...

パイオニア子会社でデジタル地図を手掛けるインクリメント・ピー株式会社(本社:東京都文京区/代表取締役社長:相木孝仁)は2021年6月3日までに、オランダの位置情報サービス大手HERE Technologiesが提供する「HERE M...

ルート最適化システム、市場拡大の予兆 日本郵便でも試行導入拡大

「移動」に関するイノベーションといえば「自動運転」が脚光を浴びがちだが、「ルート最適化システム」にも注目だ。徐々に市場も形成されている。 米調査会社のGlobal Industry Analystsが2021年4月に出版した市...

【資料解説】空飛ぶクルマ、旅客輸送用は時速100~320キロ想定

経済産業省は国土交通省と合同で、日本における「空飛ぶクルマ」の実現に向けて、官民の関係者による「空の移動革命に向けた官民協議会」を2018年8月から開催している。 本記事では、2020年6月の第6回協議会で提出された資料で説明...